昔の恋人との過ちで家庭崩壊… 妻には非がないと言いながらも53歳「不倫夫」が抱える矛盾

  • ブックマーク

 別居や離婚で、生まれて初めてひとりきりの年末年始を迎えた人たちがいる。どういういきさつでそういうことになったのか、ある男性に話を聞いた。【亀山早苗/フリーライター】

〈ひとりぽっちで新年を迎えました〉

 1月1日になったとたん、メッセージが来た。これまで何度か話を聞いてきた園田雅仁さん(53歳・仮名=以下同)からだ。彼は現在、結婚して23年たつ妻と別居している。22歳の長女は遠方の大学に通う4年生で、今年は帰京しないと連絡があった。20歳になる次女は都内で25歳も年上の男性と同棲しており、こちらも帰ってはこないようだ。

「娘のことも心配なんですが、娘が彼に走ったのも私が原因なので、何も言えません」

 家族と暮らしていた3LDKのマンションにひとり、雅仁さんは残っている。こんな暮らしがもう4ヶ月、続いているという。

 雅仁さんは30歳のとき、1年の交際を経てひとつ年下の友里恵さんと結婚した。落ち着いていて思慮深く、「妻にするには理想的」だったそうだ。その前に、彼は学生時代から5年つきあった瑠美さんにフラれていた。結婚も考えていたのに、彼女は自由と自分の可能性を求めて外国へと旅立っていったのだ。

「瑠美は『私はいつになったら帰ってくるかわからないから、待っててなんて言えない』と笑って去っていきました。本当はすがりつきたかった。だけど私に彼女の人生を縛る権利はないから、涙をこらえて見送るしかありませんでした」

 その後、友だちが意気消沈している彼を見かねて紹介してくれたのが友里恵さんだ。今度、女性とつきあうときは結婚しようと思っていたし、友里恵さんの落ち着いた物腰に惹かれたため、初デートで「結婚を前提につきあってください」と申し込んだ。友里恵さんは微笑みながら、「つきあってみないと結婚するかどうかはわからないけどね」とつぶやいた。確かにそうだと雅仁さんは言い、ふたりは笑い合ったという。だが、半年もたたないうちに彼は「妻にするにはこの人しかいない」と思うようになった。

「妻としてとか恋人としてとか、そういう区別の仕方はよくないと思うんですが、実感として恋をするなら瑠美、妻にするなら友里恵だなと感じていました。友里恵も、私を夫としていいなと思ったとあとから言っていたんです。夫婦として協力しあっていこうという姿勢があったから、と」

 無事に結婚し、子どもも生まれて「ごく普通の家庭を営んでいた」のに、いったいなぜ妻は家を出て行ってしまったのだろうか。

次ページ:「私を信用していないのね」

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[1/6ページ]