ゴールデンボンバー“生みの親”事務所会長の激しすぎる離婚訴訟 なぜ夫妻は鬼龍院を養子に? 両者の言い分を聞いた

エンタメ 芸能 2021年11月24日

  • ブックマーク

 鬼龍院翔の二股疑惑に続き、歌広場淳の不倫中絶報道。立て続けのスキャンダルで活動自粛に追い込まれたゴールデンボンバーだが、私生活でトラブルを抱えているのはメンバーだけではない。彼らの育ての親である、所属事務所「ユークリッド・エージェンシー」会長の木村敏彦氏(61)も、妻と泥沼の離婚訴訟を抱えているのだ。「連れ去り」、「DV」。おどろおどろしい言葉が飛び交う修羅場と化した法廷。さらには、夫妻と鬼龍院の"奇妙な関係"まで……。全面対決する夫妻から、それぞれ話を聞いた。...

記事全文を読む