デイリー新潮

社会

社会
我が子の写真をLINEスタンプにして販売することの何が問題なのか
自分の身は自分で守る  16年10月に審査基準が緩和され、一気に制作の敷居が低くなったLINEスタンプ。これを機にLINEスタンプで一儲け、なんて甘い夢を見ている方もいるかもしれないが、現在はあまりに膨大な数のスタンプが販売されているため、一般人が作成したものはほとんど売れていないのが現実のようだ。だが、最近は金儲けではなく、子どもが描いたイラストを身内用にスタンプにする親も増えているようだ。 ...
2017年6月28日

今日のオススメ記事