ヤクザから16歳で覚醒剤を教えられ…33年間やめられず廃人寸前まで堕ちた55歳女性YouTuberが語る薬物依存の恐怖

国内 社会

  • ブックマーク

「覚醒剤やめますか? それとも人間やめますか?」。40年前に流れていたCMである。覚醒剤の恐ろしさがどんなに啓蒙されても、手を出してしまう人が後を絶たない。件のCMが流れていた頃に覚醒剤を覚え、以来33年間を手放せなかった55歳の女性YouTuberに薬物依存の恐ろしさを語ってもらった。

 ***

祖父は大物右翼

「私のチャンネルの登録者数は女性比率が高くて25%を占めます。その中には私みたいに薬物依存に苦しんでいる女性もいる。彼女たちに、『私も何度も同じ過ちを繰り返してきたけどこうして止められた、大丈夫だから一緒に頑張ろう』と呼びかけています」

 こう語るのは、今年7月にYouTubeデビューした万年蘭さん(55)だ。いま彼女はアウトローYouTube界隈でにわかに人気を集めている。覚醒剤の経験者は星の数ほどいるが、33年間も捕まらずに続けてきた人は珍しい。そればかりか彼女は「元ポン中」(覚醒剤中毒者のこと)を自称し、実名であけすけに過去を語り出したのだ。

 万年さんは1967年生まれ。祖父は昭和の大物右翼・総会屋として知られる万年東一氏で、父も総会屋という“反社一家”で生まれ育った。

「子供ながらに、なんでうちのお父さんはいつも家にいるんだろうと思っていました。それでいて、小学校低学年だというのにお年玉が最低20万円、多いと50万円くらいになるのです。さらに、それを賭けての家族麻雀もさせられていました」

次ページ:引っ越し先にあった覚醒剤

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]