シャブは止められないのか!? 「組長の娘」が証言する常用者の実態

エンタメ 芸能 2016年12月6日掲載

  • ブックマーク

「シャブは一度味覚えたら、猫にマタタビや」

 悪いとわかっていながら、薬物を再び使用する人が後を絶たないのはなぜだろうか。

 気鋭の犯罪社会学者、廣末登氏の近著『組長の娘 ヤクザの家に生まれて』はシャブ常習者の悲哀を生々しく綴っている。同書は、中川茂代さん(仮名)という関西のヤクザの家に育った女性の人生を聞き取りしたドキュメント。...

記事全文を読む