元極道YouTuberが振り返る「ヤクザの壮絶リンチ現場」 恐怖の絶頂で人間が放つ「凄まじい臭い」とは

国内 社会

  • ブックマーク

Advertisement

 人は死の一歩手前まで、殴る蹴るの暴行を受けた時、どうなるのか――。15年前に暴力団組織を抜け、現在はバーチャルYouTuberとして活動している懲役太郎氏(57)が、所属していた暴力団事務所内で起きた壮絶なリンチ現場を振り返る。

 ***

「舐めてんのか、このクソガキ!」

 いまから40年前の話です。某暴力団組織傘下の3次団体で、組長の運転手をしていた私は、組長が出かける10分くらい前には、事務所に車を横付けして待機するのが日常でした。ある時、そんなタイミングで、ガラの悪い二人組に絡まれてしまった。

 組長の車は新車のセドリック。まだ18歳の小僧が高級車に乗っているのが、彼らは面白くなかったのでしょう。運転席の私に向かって、「あーん?」とやってきた。見たこともない顔で、明らかに地元の不良ではありませんでした。

 いま組長が降りてきたら大変だと思った私は、「わかったから早く行きな」と、シッシッって追い払おうとしました。それがよくなかった。かえって相手を刺激してしまったのです。一人の男がすごい剣幕で運転席の私につかみかかってきて、「舐めてんのか、このクソガキ!」と大声で騒ぎ出す事態に。彼らはここが組事務所前だと、まったく気づいていないのです。

「よう、ワシの体に傷をつけたな」

 やがて騒ぎを聞いた若頭が、「何があったんや」と上の事務所の窓から体を乗り出してきた。「いや、ちょっと」とその場をしのごうと思ったんですが、カシラは「連れてこい」。すぐにわーっと2、3人の組員たちが上から降りてきて、あっという間に二人は事務所に連れられて行ってしまった。自宅から降りてきた組長も「なにぃ、ワシの車にいちゃもんつけてきたのか!」とやる気満々です。

 事務所に上がると、二人は正座させられ、カシラに焼きを入れられていました。組長も制裁に加わります。事態が急展開したのは、しばらくして、彼らの仲間が一人、威勢良く事務所に入ってきてからのことでした。彼は一度現場から逃げたのですが、二人を助けようと戻ってくるなり、組長めがけて殴りかかってしまったのです。額から出血した組長は、「よう、ワシの体に傷をつけたな」と、いよいよ収まりがつかなくなってしまった。

 そこからは灰皿でボコボコです。でも、彼らもなかなか謝らない。同じヤクザ者だったこともあり、なかなかの根性を持っているのです。

次ページ:忘れ得ぬ臭い

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]