「食べてはいけない冷凍食品」66ランキング 避けたいパスタ、から揚げ、餃子はコレ

ライフ 食・暮らし 週刊新潮 2019年1月31日号初出/2019年4月28日掲載

  • ブックマーク

がんリスク増大判明! 食べてはいけない「超加工食品」実名リスト(2/2)

 前回ご紹介したのは、フランスのパリ第13大学の研究者らが発表した「超加工食品」摂取によってがんリスクが上昇するという論文である(定義などについては掲載表参照)。その要因のひとつとして、〈成分は健康被害が起きないように当局が管理をしているが、それらの蓄積による影響や混合による影響の多くは分かっていない〉と論文にはある。「超加工パン」に続き、今回は避けたい「冷凍食品」について取り上げる。(以下は「週刊新潮」2019年1月31日号掲載時点の情報です)

 ***

 掲載の超加工冷凍食品のリストを見ていただきたい。いずれも本誌(「週刊新潮」)が一般的なスーパーの売り場で確認した商品で、「超加工用添加物」の多い順に並べたワーストランキングである。1位になったのはトップバリュの「大盛り和風たらこ」で、亜硝酸ナトリウムのほか、着色料として、紅麹、カラメル、カロテノイド。さらに、石油由来のタール系合成着色料の赤色102号と赤色3号まで使われている。

 これらの冷凍食品の会社に、添加物の蓄積や混合による影響についての見解を聞くと、例えば、イートアンド社は、

「厚労省に認可された添加物を適切な量使用しているため、問題はないと考えています。まだ正式な発表は出来ませんが、着色料、香料を使用しない冷凍餃子の開発を進めております」

 との回答を寄せた。

「着色料のカラメル色素にはIからIVまであるのですが、IIIとIVには発がん性の疑いがあります」

 そう話すのは、厚生労働省第8版食品添加物公定書検討会構成員で元鈴鹿医療科学大学薬学部客員教授の中村幹雄氏である。

「ヨーロッパでは、IからIVまでをきちんと表示する義務がありますが、日本では、どれが入っていても、カラメル色素と表示すれば良いことになっている。そのため、表示を見ても、カラメルIIIとIVを避けることができないのです」

次ページ:香料、加工でんぷんにも注意を

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]