あの“五輪エンブレム”佐野研二郎氏をNHKが起用のワケ 実は今「超売れっ子」

エンタメ 2017年10月8日掲載

五輪エンブレム“パクリ問題”で辛酸

 佐野研二郎氏と言えば、今でも多くの方が覚えているだろう。2020年東京五輪のエンブレム騒動が、いかに強烈だったか再認識させられるが、ならばインターネットを使って佐野氏の近況を検索した方も、かなりの数にのぼるかもしれない。

 ***

 ところが実際に試してみると、酷いサイトが少なくない。例えば「佐野研二郎の今。パクリデザインで家族は行方不明、事務所は倒産って……」とある。慌ててクリックすると実際は「行方不明、事務所は倒産って本当?」と疑問形なのだ。当然ながら、本文に取材をした形跡は全く感じられない。

「パクリエイターの佐野研二郎、風貌を変えて表参道で800円のカレーを……」というサイトもある。佐野氏がカレー屋に転身したのかとクリックすると「カレーを食べた姿が報じられた」という内容だと分かる。

 一方、「週刊現代」(講談社)のネット転載記事、「パクリ疑惑『サノケン』が復活!? あの一件は『なかったこと』に」は、検索結果では比較的、下位にしか表示されない。こうして佐野氏が困窮しているかのような事実無根のイメージが今でも生産されていくわけだ。

 改めて振り返れば、渦中の人だった時点でも、佐野氏は強かった。「週刊新潮」は「『さらば あぶない刑事』ポスターを手掛けていた「サノケン」の教壇」(15年12月31日・16年1月7日号)との記事を掲載。大会組織委員会がエンブレム騒動の報告書を公表した時期であるにもかかわらず、佐野氏が映画のポスターを制作し、前14年には母校の多摩美術大学の教授に就任していた事実を報じた。

次ページ:有名映画プロデューサーとのタッグも

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]