日本を手本とした元首相の回想録/『マハティールの履歴書』

浮かび上がる破格な人間像/『宅間守 精神鑑定書』

百一年生きた人の芯にあるもの/『家と庭と犬とねこ』

日中の近代史を書き換える試み/『真実の満洲史【1894-1956】』

「脳」の究極の謎に挑む/『脳のなかの天使』

難病に立ち向かう妻と家族の記録/『みぞれふる空』

追試される権威/『レオナルド・ダ・ヴィンチ』

恐竜の生態が鮮やかに描かれる/『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』

絶妙な距離感が生み出す写真【書評】

歴史に埋もれた声なき声 夏野剛/私の名作ブックレビュー【書評】

軟派本が伝えるアナーキーな空気/『粋人粋筆探訪』

元祖 屁理屈おじさん サンキュータツオ/私の名作ブックレビュー【書評】

僕の構造師匠 マキタスポーツ/私の名作ブックレビュー【書評】

自分を脱ぐ旅【書評】

「あってはならぬもの」の世界/『漂白される社会』