「脳」の究極の謎に挑む/『脳のなかの天使』

IT・科学

 ベストセラー『脳のなかの幽霊』で、脳の不思議な仕組みと働きについて考察し、脳ブームの先駆けとなった神経学者・ラマチャンドランが新たな謎に挑んだ。「言語の進化」と「美的感性の誕生」という科学界の巨大な謎だ。
 この巨大な謎を考察する前に、本書では幻肢(切断され不在の手足が、まだあるかのように痛む)、盲視(知覚的には目が見えないはずなのに、光源など特定の視覚刺激に反応することができる)などの患者の奇妙な症状に対して、ラマチャンドランがどのようなアプローチで検証していったかが明らかにされる。

...

記事全文を読む