葬儀場の職員が、亡くなった「女子高生」の胸を…被害者の母は涙ながらに「娘のお墓に土下座してほしい」

国内 社会

  • ブックマーク

 故人との最後の別れの場で、ご遺族が心穏やかに亡き家族を見送るための手助けをしたい――。葬儀場では、そう思いながら働くスタッフがほとんどを占めるだろう。ところが、この男は違った。東京都迷惑防止条例違反や建造物侵入で逮捕起訴された篠塚貴彦被告(42)は、その罪名からは想像もつかないほど、陰湿かつ吐き気を催すような凶行に手を染めていたのだ。【高橋ユキ/ノンフィクションライター】

 ***

 篠塚被告は、逮捕まで勤めていた東京・大田区の葬儀場で、女性用トイレにスマホを置いて弔問客が用を足す様子を撮影していたほか、2021年から昨年にかけて、女性の遺体へのわいせつ目的で複数回、職場の安置室などに侵入していたという。

 にわかに信じ難い事件の初公判は1月20日に東京地裁で開かれた。篠塚被告は「間違いありません」と全ての罪を認めている。起訴されているのは25件の盗撮と、3件の建造物侵入。葬儀を取り仕切るスタッフでありながら、葬儀に訪れた女性たちを盗撮し、安置されていた女性の遺体の胸などを弄び、その様子を撮影していた。盗撮は5年前から行っていたというから、被害は25件にとどまらないだろう。

 実は、筆者は逮捕前の篠塚被告を見かけたことがある。一昨年の冬、シングルマザーである筆者の友人は、娘のAさんを亡くし、通夜と葬儀に参列するため、この葬儀場を訪れた。受付を頼まれていたこともあり、Aさんの葬儀担当だった篠塚被告と軽い挨拶も交わしている。

自身が担当した葬儀での凶行

 Aさんは当時高校三年生で受験を控えていたが、突如、自らこの世を去った。Aさんの母が葬儀で泣き崩れていたこと、悲嘆に暮れる友人らの涙、そのすべてを篠塚被告は目にしていたはずだ。にもかかわらず、篠塚被告は、Aさんの遺体が眠っていた安置室でAさんの胸を揉むといったわいせつな行為に手を染め、その様子をスマホで撮影していたのだ。

 Aさんの母がそれを初めて知ったのは、昨年12月16日。

「蒲田警察署から電話がかかってきて、事件のことを知らされました。本当に青天の霹靂でした」(Aさんの母)

 愛娘の一周忌を終え、ようやく少し前を向くことができるだろうか……と考え始めていた矢先のことだった。

「もうこれ以上、娘のことで悲しいことや辛いことが起こるわけがないと思っていました。後はゆっくりと受けとめて行かないとな、私も死にたいと思っていたけど死にそびれたし、と思っていたんです。それが、こんなことになるなんて。本当に今まで生きてきたなかで一番腹が立って、体中の血液が沸騰するかと思いました。血圧も上がって目がチカチカしてきて……」(同)

 筆者もこの日、怒りに震えるAさんの母からの電話で“事件”を知った。ところが、実際に篠塚被告が逮捕されていたのは昨年10月。蒲田署から知らせを受ける2ヵ月も前のことだ。葬儀場からも、篠塚被告からも、連絡は一切なかったという。そのため自ら葬儀場に連絡を取ったところ、先方からは「謝罪するつもりはあった」、「うちも被害者だ」と繰り返されたそうだ。Aさんの母は「私が知らなかったら知らないままで済ませようとしたのではと思ったし、舐めてるなと感じました」という。

次ページ:葬儀まで連日、遺族と顔を合わせていた被告

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]