防衛費“5兆円増”で自衛隊が購入すべき兵器は? 専門家が「トマホーク」を挙げる理由

国内 政治

  • ブックマーク

 防衛費の増額問題が、にわかに脚光を浴びている。時事通信は5月26日、「防衛費増へ調整着手 公明理解、規模焦点に 政府・与党」の記事を配信、YAHOO!ニュースのトピックスに転載された。

 ***

 記事のポイントと言える部分を2箇所、引用させていただく。

《自民党は勢いづく。同党は先月の提言で、北大西洋条約機構(NATO)が加盟国に求める国内総生産(GDP)比2%の国防費を目安として「5年以内に必要な予算水準の達成を目指す」よう提唱した》

《防衛省の当初予算に限ると、日本の現行水準はおおむねGDP比1%弱。22年度は5兆4005億円だ。安倍晋三元首相は23日の会合で、5年間でNATO並みに増やすことを念頭に、23年度の防衛費は「6兆円台後半」とするのが適当だとの見方を示した》

 今後5年間で防衛費5兆4000億円を段階的に増やし、最終的には10兆円台に乗せる、ということのようだ。

 有権者も防衛費の増額に理解を示している。例えば産経新聞(電子版)は4月18日、「防衛費『増額すべきだ』57% ウクライナ侵攻で関心高く」の記事を配信した。

《産経新聞社とFNNの合同世論調査で、日本の防衛費について尋ねたところ、「大幅に増やすべきだ」と「ある程度増やすべきだ」の回答が合わせて57・0%となり、「今のままでいい」(33・0%)などを上回った》

次ページ:5兆円で何が買えるか?

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[1/8ページ]