「ポリエチレン」がドイツ軍のUボート隊を殲滅した? 世界大戦の戦局を変えた新素材とは

国際2018年11月7日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 石器時代、青銅器時代、鉄器時代といった時代区分があるように、人類の歴史において「材料」が果たしてきた役割は大きい。新たな材料の登場は、文明を次のステージへ飛躍させると同時に、その覇者をも決めてきた。

 それは現代においても変わっていない。サイエンスライターの佐藤健太郎氏の新刊『世界史を変えた新素材』(新潮選書)では、新素材の開発が、国家の命運を大きく左右してきた歴史が描かれている。

 たとえば、第2次世界大戦において、潜水艦「Uボート」など最新兵器を擁するナチス・ドイツ軍の前に、防戦一方だったイギリス軍が、形勢を逆転するきっかけの一つになったのは、「ポリエチレン」の開発に成功したことだった。...

記事全文を読む