ウクライナ軍に提供される榴弾砲「M777」、砲弾「エクスカリバー」の強烈過ぎる破壊力 兵器の装備でもロシア軍は惨敗

国際

  • ブックマーク

高性能の砲弾

 ロシア軍が使う152ミリ榴弾砲「2A65」の重さは約7トン。ところがイギリスが開発した最新型の155ミリ榴弾砲「M777」は約3・1トンと重さが半分になった。

「M777が登場する前、アメリカ軍はM198を使っていましたが、こちらも重量は7・1トンありました。これだけの重さだと、ヘリコプターなら大型機でないと運べません。ところが、M777が半分の重さになったことで、一般的な汎用ヘリでの輸送が可能になったのです。更に、M198は11人の砲員が必要でしたが、M777は5人と省人化されました。1人でも兵士が貴重なウクライナ軍にとっては、まさに朗報でしょう」(同・軍事ジャーナリスト)

 重量と砲員の削減だけでもメリットは計り知れない。だが最大のポイントは、砲弾の性能だという。

「特筆すべきは、『エクスカリバー』という砲弾です。羽を持ち、外観はミサイルそっくりです。GPS誘導の機能を持っているので、目標との誤差は5メートルから20メートルと、まさにピンポイントの砲撃が可能なのです。おまけに飛距離も40キロから57キロまで飛ばせます。あらゆる面で、ロシアの榴弾砲を凌駕しているのです」(同・軍事ジャーナリスト)

自走式榴弾砲も供与

 M777は、アメリカ、カナダ、オーストラリアからウクライナに運ばれており、その数は100門を越えたという。

「砲弾も14万発がウクライナに到着したと報じられています。全てがエクスカリバーかは不明ですが、M777で発射が可能な砲弾はNATO統一規格に準じていることも大きな利点です。NATO加盟国が砲弾を持っているので、複数の国がウクライナに供与することが可能です。一方、ロシアが使っている152ミリ榴弾砲の砲弾は、基本的に旧ソ連圏の国しか持っていません。具体的には、ベラルーシ、チェコ、スロバキアなどです」(同・軍事ジャーナリスト)

 更に「自走式」の榴弾砲も、フランスやドイツが供与を決めている。例えばフランスの「カエサル」は、大きなトラックの上に榴弾砲が搭載されている。

「ウクライナ軍の砲員も榴弾砲の扱いには慣れていますし、何より士気が極めて高いため、たちまちM777の操作方法を習得してしまったようです。一方の自走式榴弾砲は、さすがにすぐには使えせん。それなりの期間、訓練を受ける必要があります。この“時間差”が、東部戦線の作戦に影響しているように見えます」(同・軍事ジャーナリスト)

次ページ:参謀総長を砲撃?

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[3/5ページ]