捕虜になれば「死ぬより苦しい拷問」が 元傭兵が語る「日本人義勇兵」を待つ運命

国際

  • ブックマーク

 2月27日、ウクライナのゼレンスキー大統領が志願者による外国人部隊の編成を表明すると、70人の日本人が名乗りを上げ、政府が「不参加」を呼び掛け鎮静化を図る一幕も。傭兵としてアフガニスタンなどで戦った経験を持つ軍事ジャーナリストによると、義勇兵を待ち受けるのは過酷な運命だという――。

 ***...

記事全文を読む