「SNSで説教と自慢」「ゲームに高額課金」 中高年を蝕む「スマホ脳」の実態

国内 社会

  • ブックマーク

 オンラインゲームにはまり、SNSで炎上騒ぎと聞けば子どものネット依存が頭に浮かぶ。だが、これらは中高年の「スマホ脳」がもたらすトラブル。利用者急増の陰で、IT知識の乏しさから予期せぬ出費に見舞われ、人間関係にヒビが入るケースも後を絶たないのだ。

 ***

 コロナ禍での自粛生活が続くなか、スマホを使う高齢者が急増している。

 IT分野のマーケティングリサーチを手がけるMMD研究所が発表した、「2021年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査」によると、60~79歳のスマホ利用率は実に84.7%。前年比で7.7ポイントも増加したことになる。

 神奈川県の老人クラブで役員を務める女性(70)もそのひとりだ。

「対面での活動や集会ができず、感染を恐れて外出しない会員も多かった。少しでも交流の場を持ちたいと、娘に猛特訓を受けて1年前にLINEのグループを立ち上げたんです」

 参加者は地元の60~80代の高齢者約20人。当初は誰もが「おっかなびっくりだった」というが、次第に気楽なやりとりができるようになった。だが、喜んだのも束の間、思わぬ話題が増えていく。

「家族への愚痴やお嫁さんの悪口を書き込む人が出てきたんです。病気の話も多くて、あっちが痛い、こっちがつらいと暗い内容が続く。励ましたり、やんわり注意したり、私なりに気を使っていたけど、そのうち仲間割れしてしまい……」

セクハラメッセージが……

 きっかけは昨春開始されたコロナのワクチン接種だ。若者よりも接種を優先された高齢者だが、一時は予約の電話さえ繋がらない状況だった。

 LINEのグループ内では、不安を募らせる人がいる一方、早々に接種を済ませた人もおり、おまけに嬉々として報告する投稿があったからたまらない。

「カチンときた人たちがきつい言葉で批判すると、言われたほうも言い返してもうめちゃくちゃ。必死に取りなすと、今度は私がやり玉に挙げられてしまった。親しかった人から、“あなたがLINEに誘ったせいよ!”と責められて、すっかり落ち込みました」(同)

 良かれと思ってはじめたSNSが人間関係の火種になるのは、高齢者同士に限らない。小学生の息子を持つ女性(39)は、地域のイベントで知り合った高齢男性からフェイスブックで「友達申請」された。相手は自治会の会長として一目置かれる存在だったため、個人間で簡単なメッセージ交換をするようになった。

「私が自宅でピアノ教室をしていると伝えると、クチコミで生徒集めに協力するとか、いかにも親切そうな印象。当初は、子ども会の行事や通学路の防犯活動を話題にしていました」

 ところが、次第に休日の過ごし方や夫の職業といった私生活を尋ねられるように。ついには「ピアノの先生だから、エッチな指使いもうまいんでしょう」と卑猥なメッセージまで届いた。

「仲良しのママ友に相談したら、“そんなエロジジイは許しちゃダメ”と彼女が自分のツイッターで告発してくれたんです。当事者の名前は出さなかったけど、わかる人にはわかる。男性の信用はガタ落ちだし、近所のママたちには完全に嫌われてますね」

次ページ:SNSで説教と自慢話

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[1/5ページ]