覚せい剤密造で「現役ヤクザYouTuber」が逮捕 無法地帯と化すアウトロー系YouTuberたちの“仁義なき闘い”

国内 社会

  • ブックマーク

「ヒカキンさんみたいになりたい」とYouTuberに憧れる子供も多い。だが、そんな夢見る子供たちに絶対に見せたくない“こわーい動画”がYouTubeで増えてきた。ドスの効いた声で「上等じゃねぇか!」と恫喝するヤクザ。Tシャツから“モンモン”をはみ出させながら過去の武勇伝を語る半グレ。今、YouTube上ではアウトロー系チャンネルが乱立し、“無法地帯”と化しているのだ。とうとう、現役ヤクザを名乗るYouTuberが覚せい剤の製造容疑で逮捕される事態まで発生し……。

 ***

コラボ企画のドタキャンから…

「こっちはヤクザの話してんだよぉ! 動画止めろ、コラァ、おう! ケンカ売ってんのか!」

 画面に映るのは、顔まで刺青が入った強面のアウトロー系YouTuberのA氏。聞こえてくるのは、そんなA氏を任侠映画さながらの迫力でどやす電話の声だ。電話の主は画面には出てこないが、「三代目村田会の平田」と名乗っている。平田氏は当初、穏やかに話し合いを求めてA氏に電話をしてきたが、A氏がYouTubeのライブ配信で通話内容をそのまま視聴者に流していると知るや、烈火のごとく怒り出したのであった。

 真偽は不明だが、後日、平田氏はA氏宅を襲撃し、窓ガラスを割って去ったとA氏側は主張している。実はこのトラブルの発端は、YouTube番組の“コラボ企画”。平田氏の“弟分”であるYouTuberが、A氏とのコラボの約束をドタキャンしたことがきっかけで、抗争まがいの騒動に発展したというのだ。

 この「平田」こそが、2月1日、東京・新宿区内のマンションで覚せい剤を製造していたとして警視庁に逮捕された、住吉会三代目村田会本部長の平田弘二容疑者(41)である。弟分のYouTuber「敵刺(テキサス)」こと同会組員の坂井俊太容疑者(39)ら3人も同容疑で逮捕された。

次ページ:現役のヤクザがYouTuberに

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]