日活ロマンポルノ50周年 堕ちてこそ神々しい谷ナオミ…今も色褪せない3人の女優たち

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 2021年は、日活ロマンポルノが50周年を迎えた節目の年だった。東京・渋谷で開かれた記念上映イベントには、往年のファンはもちろんのこと、若い世代の姿も多く見られた。

 ロマンポルノは、なんといっても「女優」の存在抜きには語れない。ライターの亀山早苗氏が、今も魅力を放ち続ける3人の女優たちを紹介する。

 ***

 映画産業が斜陽となった1971年、日活が社運をかけて路線変更を図ったのが「日活ロマンポルノ」である。当時は日米安保、学生運動の裏で、若者たちが虚無的になり「シラケ世代」が台頭してきていた。一方で高度成長期に突入し、社会は混沌としながらも活気に満ちていった。そんな時代に、ロマンポルノは封切られたのだ。

 反体制を貫き通せず、それでもどこかで革命の夢を見ていた若い人々の熱狂的な支持もあって、ロマンポルノは受けた。10分に1度の濡れ場、作品は70分前後というルールさえ守れば、比較的自由に撮れたため、若い監督たちがその才能を遺憾なく発揮、神代辰巳、小沼勝、加藤彰、田中登、曽根中生などの名監督が生まれた。

 ロマンポルノの第一作は誰もが聞いたことのあるタイトル『団地妻 昼下がりの情事』(西村昭五郎監督・白川和子主演)だ。以降の17年間で公開された作品は、約1100本。50年たった今も色褪せず、旧ファンも新ファンも熱くロマンポルノを語る。50周年のイベントで4週間にわたってロマンポルノを上映した渋谷の映画館には、男性のみならず女性ファンの姿も多かった。

 ロマンポルノといえば「女優」である。スクリーンで輝きを放つ女優たちはあまたいるが、心を鷲づかみされるに違いない3人を挙げるとしたら……。悩みつつ紹介したい。

次ページ:男に崩されるのではなく、自ら崩れていく

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]