日活ロマンポルノ45周年に5監督が新作 「女性観客意識は必要」

エンタメ週刊新潮 2016年9月8日号掲載

 第1作の「団地妻 昼下りの情事」(白川和子主演)公開から、今年11月20日で生誕45周年を迎える日活ロマンポルノ。これを記念して5人の監督が新作を撮った。8月24日に行われた完成報告会見の会場は、なぜか日本外国特派員協会。

「塩田明彦監督『風に濡れた女』がロマンポルノ初のロカルノ国際映画祭のメインコンペ部門に招待され、若手審査員賞を受賞。園子温監督『アンチポルノ』はカタロニア国際映画祭に、中田秀夫監督『ホワイトリリー』、行定勲監督『ジムノペディに乱れる』は釜山国際映画祭に招待されるなど、いずれも海外での評価が高いのです」(関係者)

...

記事全文を読む