議論百出の「ゆたぼん」中学問題、「不登校新聞」の編集長はどうみているのか

国内 社会 2021年4月17日掲載

  • ブックマーク

義務教育とは?

 YouTubeの公式チャンネル「少年革命家ゆたぼんチャンネル」の登録者数は4月16日現在、13万7000人と表示されている。

 ***

 ゆたぼん(12)の挑発的な発言は、ネット上では広範な議論に発展することが珍しくなかった。

 特に物議を醸しているのは、「中学校にも登校しない」と宣言したことだ。ネットメディアの主な見出しをご紹介しよう。

◆「『中学校に行く気はありませーん!』 元小学生ユーチューバー・ゆたぼんが不登校を宣言」(JCASTニュース:4月9日)

◆「ひろゆき氏がYouTuber・ゆたぼんの中学校不登校宣言を一刀両断『アホの再生産になります』」(中日スポーツ:4月10日)

◆「茂木健一郎氏、ユーチューバー・ゆたぼんの“中学校不登校宣言”を支持『学校行かなくちゃ…は時代遅れ』」(スポニチアネックス:4月10日)

◆「ひろゆき氏VSゆたぼんパパ 『子供に罪はない』ネット上ではひろゆき氏に軍配か」(AERA dot:4月12日)

 毀誉褒貶の激しい少年YouTuberが、小学校と同じように中学校でも不登校を貫くと動画で宣言して炎上。「2ちゃんねる」の創始者である「ひろゆき」こと西村博之氏(44)が父親を批判し、父親と論争になったのだ。

新聞報道で人気獲得

 ゆたぼんは2008年12月生まれ。当初は大阪府内の小学校に通っていたが、そこで不登校になったという。

 本人は動画などで「2017年に小学校で宿題をしていなかったことをきっかけに担任教師とトラブルになった」と説明している。

 YouTubeのチャンネルには「2017年3月26日に登録」とあり、18年に一家で沖縄県に移住した。

 19年5月に琉球新報(電子版)が配信した「『不登校は不幸じゃない』10歳のユーチューバー 沖縄から世界に発信『ハイサイまいど!』」の記事で注目を集めた。

 記事の影響は大きく、たちまち人気YouTuberの仲間入りを果たした。そして少年の知名度が増すほど、批判も増えた。特に、ゆたぼん本人というより、父親に対する疑問の声が少なくなかった。

 多くの異議を要約すれば、以下の3点に要約できるだろう。

◆ゆたぼんはどの程度、自分の意思で不登校を貫き、YouTuberとして活動を続けているのか?
◆親のコントロールはどの程度、存在するのか?
◆子供にそこまでの自由意志を認めていいのか?

次ページ:父親への疑問

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[1/5ページ]