山梨小1女児行方不明 SNSで犯人扱いされる「母親」が明かした苦悩

社会週刊新潮 2019年11月7日号掲載

  • ブックマーク

 山梨県のキャンプ場で、小1の小倉美咲ちゃん(7)が神隠しに遭ったかのように姿を消してからおよそ1カ月半。母の苦悩は深まるばかりと想像されるが、SNSをはじめネット上では、母親は応援されるどころか激しく攻撃され、犯人扱いまでされているのである。

 ***

 10月12日、伊豆半島に上陸し、東北地方へ抜けた台風19号は、山梨県道志村の椿荘オートキャンプ場も容赦なく襲った。そこに通じる林道は陥没し、さらにキャンプ場内は、沢が氾濫したうえに斜面が崩落し、大量の岩や土砂、倒木が流れ込んで、原型をとどめていない。秋のキャンプシーズンを迎えても、再開のメドは立たないという。

 ここで行方不明になった千葉県成田市の小学1年生、小倉美咲ちゃんの滂沱の涙のようだ、などと感傷に浸るつもりはないが、彼女の足跡も、必死の捜索のあとも、すべて消し去った激しすぎる雨は、天の仕業にしても無慈悲にすぎる。

 一方、この雨以上に無慈悲な仕打ちがいま、主にインターネット上で美咲ちゃんの家族に向けられているのだが、それについて述べる前に、まずは美咲ちゃんが行方不明になるまでと、なってからを、簡単におさらいしておきたい。

 9月21日、キャンプ場には7家族27人が三々五々集まった。美咲ちゃんが2歳上の姉とともに、母とも子さん(36)運転の車で到着したのは12時15分。父の雅さんは仕事の都合で翌朝から参加予定だった。13時に天ぷらそばを食べると、子どもたちはテント近くの森で遊んだという。

 15時半ごろ、おやつのチョコバナナを食べ、15時35分、先に食べ終えた子どもたち9人が沢に遊びにいったが、美咲ちゃんはおやつを食べ終わるのが遅かったため、5分ほど遅れて追いかけた。このとき、とも子さんはテントから少し離れた場所から、角を左に曲がる娘を見送ったが、美咲ちゃんが目撃されたのはそれが最後になってしまった。

 その10分後、大人たちが子どもたちを迎えにいった際、美咲ちゃんがいないことに気づき、周囲を探しても、テントのなかを確認してもいないので、17時ごろに警察に連絡。22時に警察と消防がその日の捜索を終えたのち、午前1時半に雅さんが到着し、友人たちと一緒に3時ごろまで捜索を続けたという。

 翌日以降は周知のように、県警や地元の消防団に自衛隊も加わり、東西15キロ、南北8キロにわたってのべ1700人で探し、捜索ボランティアも必死に活動してきたが、いまなお手がかりさえ見つかっていない。地元で取材する記者は、

「警察は事件と事故両面の可能性をにらみ、大規模な捜索が16日間で終わってからは、聞き込みを続けています。ただ、あの山に美咲ちゃんがいる可能性は低いでしょう。彼女がいなくなったのは、わずか20分の間で、周囲にはちょろちょろと流れる沢しかなく、下流に流されるなど考えにくい。それでも、下流の道志ダムまで自衛隊が捜索したのに、遺留品のかけらも見つからないのだから、本当に不思議なことが起きた、という感じなんです」

 と語る。いずれにせよ、両親の胸中たるや、想像するに余りあるが、この1カ月半、きっと夜も寝られなかったであろう美咲ちゃんの親に、ネット上では厳しすぎる仕打ちが向けられていた。

次ページ:インスタにハッシュタグ

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]