山梨小1女児行方不明・ネット炎上に「燃料」を投下しすぎた母親の誤算

社会 週刊新潮 2019年11月7日号掲載

  • ブックマーク

 山梨県のキャンプ場から小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が姿を消した事件では、あろうことか、母とも子さん(36)へのバッシングがSNS上で行われている。経営するサロンのハッシュタグを付けてインスタグラムを更新すれば〈宣伝かよ〉、募金活動の報告には〈親が募金活動していた例なんて、なかったと思うけど〉といった具合で、“炎上”。被害者がなぜ、こうも叩かれるのか。...

記事全文を読む