木下優樹菜「タピオカ騒動」 ヤンキー好きの日本人もNOを突きつけた理由

芸能 2019年10月31日掲載

  • ブックマーク

 道端アンジェリカ、徳井義実が相次いで活動自粛。木下優樹菜は「タピオカ恫喝騒動」以降、進退については沈黙を貫いているが、瀬戸際ではないだろうか。実姉が働いていたタピオカ店の店長に対し、脅しまがいのDMを送りつけたことが明らかになった木下。もともとヤンキーだったことを公言していただけに、その「ヤンチャ」ぶりには大して驚きはなかったものの、さすがに物言いが悪質だと批判を浴びた。

 かつて故・ナンシー関が「日本人の約9割はヤンキーとファンシーでできている」と看破した。確かにちょっとワルい感じ、危険な香りのあるタレントは男女ともに人気を博す傾向にあり、自ら「昔はけっこうヤンチャしてた」と豪語する芸能人は少なくなかったものである。「クイズ!ヘキサゴンII」でおバカタレントの一人としてブレイクした木下もその系譜であり、中学生時代に番長を決めるタイマンのケンカで負けて副番長になったとか、八方美人で気に入らない女子を不登校に追い込んだなどのエピソードを話していた。

 批判はあれど、率直な物言いと明るいキャラで一躍有名となった木下。FUJIWARAの藤本敏史と結婚後はママタレとしても活躍し、愛娘も先日CMデビューしたばかりだった。SNSでは一般人にも言い返したりするケンカっ早さを見せつつも、まさにヤンチャ売りタレントの芸能界すごろくとしては順風満帆だったといえよう。

「自分はバカだから、頭のいい人たちの言うことややり方ってわかんない」という、ヤンチャ売りをするタレントが放つ言葉や姿勢は、一定の支持を得るものだ。お勉強だけが得意な奴がはびこる薄汚れた世の中になじまない、純粋で不器用な人間なんだ、と感じる人もいることだろう。

 今回のタピオカ事件も、木下側はそういう世間の支持を得たかったのではないかと思う。家族のために、筋を通そうとした一本気な妹というイメージ。振る舞いや物言いは乱暴でも、根はいいやつなんだよね、という反応が欲しかったのではないだろうか。

 しかし時代は変わった。ワルさ自慢をしていたヒロミがコメンテーターを務め、カメラマンを馬乗りになって殴った三原じゅん子が与党の要職になる時代である。ヤンチャな過去があるからこそ、豊かな見識や清濁併せ呑む器の大きさがある、という印象が重要なのだ。ヤンチャ感だけで突っ切れる時代はすでに終わっていることを、木下は実感としてイマイチ受け止めていなかったのではないか。

次ページ:ヤンチャ礼賛はもう終わり? 元ヤンタレントが本当に見せるべき力とは

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]