「話を聞きたければ…」 指で“○”を作って口閉ざす「座間9遺体事件」犯人

国内 社会

  • ブックマーク

 音もなく扉が開くと、刑務官と共に痩せぎすな男が姿を現した。昨年、日本中を震撼させた白石隆浩(28)である。わずか2カ月の間に十代の少女4人を含む9人を自宅で殺害。すべての遺体を自ら解体するなど猟奇ぶりも際立っていた。逮捕から1年余り、男に反省の色は一切ない。

 ***

 アクリル板越しに記者を認めた白石は、背筋をぴんと伸ばし、両足の踵をそろえたまま深々とお辞儀をした。上下黒のスウェットに身を包み、髪は肩に届くほどまで伸びていた。

 顔の下半分は白いマスクに覆われ、その表情を窺うことはできないが、

「すみません、マスク姿で失礼します。“中”ではインフルエンザが流行ってるんです」

 という発言ひとつ取っても、大量殺人鬼とは程遠い印象である。口調は明るく、言葉遣いも終始丁寧だ。

 拘置所内での暮らしぶりについて水を向けると、

「以前に比べたら、ずいぶんマシですよ。留置場のご飯を食べたことあります? 冷たく乾いてゴワゴワしている。拘置所では3食とも温かいご飯にありつけるので、それだけでもありがたいと思ってます」

 さらに、食事以外の楽しみを挙げさせたところ、

「そうですね、最近は差し入れてもらった漫画ばかり読んでます。この歳になってベタではありますけど、『ドラゴンボール』とか『NARUTO』とか。あと、小説で面白かったのは町田康さんの『バイ貝』です。仕事をしてカネを稼ぐと鬱が募ると考えた主人公は、買い物をして鬱を発散するんですが……。説明は難しいけど、作者の言葉のセンスが最高におかしくて思わず吹き出しました」

次ページ:「コレでして」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]