「だから死刑は必要だ」 無期懲役囚から廃止論者へのメッセージ

社会 2018年8月10日掲載

  • ブックマーク

「犯行の態様」を熟視せよ

 オウム真理教の死刑囚の刑の執行が一斉に行われたことをきっかけに、死刑制度の是非もまた論じられることとなっている。

「海外では死刑廃止が主流」という主張もある一方で、国民の多くはいまだに死刑の存続を求めているというデータもある。重要なテーマだけに政治家、専門家はもちろん国民的な議論が沸き起こること自体は決して悪いことではない。

 ただ、こうした場合に抜け落ちがちな視点がある、と独自の立場から指摘をしているのが美達大和氏。

 美達氏は、実は2件の殺人により無期懲役となった現役の受刑者だ。その一方で、旺盛な執筆欲を持ち、刑務所から様々な論考を発表し続けている。

 その美達氏は、かねてより死刑の必要性を訴えており、『死刑絶対肯定論』という著書まで発表している。

 なぜ彼は死刑の必要性を強く訴えているのか。同書からその主張を抜粋・引用して紹介してみよう。

 ***

 死刑の存廃・必要性について考察する際に、常に欠けていると感じることがあります。それは、死刑と死刑囚については語られますが、肝腎のどのような罪質・犯行態様の為に死刑を科されたのかという検証がないことです。

 この先を読まれる際には、不快になるかもしれませんが、できましたら辛抱してお付き合い下さい。特に、死刑廃止を支持する人には、読んで欲しいと思います。これは、私が新聞と書籍からピックアップしたものです。全て、加害者は男であり、死刑を科された事犯ですが、皆さんも何となく聞いたことがあるかもしれません。

(1)強盗強姦殺人・強盗殺人・死体遺棄、損壊。加害者50代。被害者30代女性1人、50代女性1人。

 好意を持っていた女性に交際を申し込み、断られたことに怒り、顔面・頭部を乱打し、剥ぎ取った衣服を首に巻き付け数分間絞め、死亡確認後、死体を屍姦陵辱して性欲を満たし、死体から金品を奪い、死体を湮滅(いんめつ)する為に焼却し、遺骨を埋める。

 その後、行き付けの飲食店(住居も兼ねる)に侵入し、金品を盗もうとして物色中、就寝中の女性を認め、強姦しようとしたが大声を出された為、両手で首を数分間絞め続けて殺害。念の為に電気コードで首を絞め、殺害後の陰部を弄んだうえ、屍姦しようとしたが、排泄物を見たので未遂。その後、時計、指輪等を奪った。

 前科・前歴なし。勤勉であり、正業に就き、普通に社会生活を営んでいた。

(2)殺人・詐欺。加害者40代。被害者20代女性1人、10代男性1人。

 保険金を騙し取ろうと計画し、以前、同居したことのある女性に精神安定剤を服用させ、熟睡している女性を浴室に運び、浴槽の湯に顔をつけて殺害し、保険金約150万円を騙取(へんしゅ。騙し取ったの意)。同じく保険金を取る目的で、幼少の頃から養育してきた男性を、用水路の中に入れ、顔面を押さえて水死させ、約1千万円の保険金を騙取。

 服役歴10回、計24年間服役。

(3)強盗殺人・死体遺棄。加害者30代・20代(2人)。被害者60代男性1人。

 遊興費目的の為、犯行を計画し、資産家である男性を刃物で刺して重傷を負わせ、現金約100万円を脅し取り、医者を求める必死の哀願を無視し、苦しむ男性を約15時間放置。その間に2千万円の金を家族に用意させ奪おうとしたが失敗。その後、男性を計画通り殺害。死体から首、両脚を切断し、船に乗って海中に投棄し、奪った金は飲食代とした。加害者らは、飲食店を経営し、生活に不自由はなかったが、働くことを厭うようになり、一攫千金を狙って犯行に及ぶ。

 両名共、前科なし。

(4)殺人未遂・殺人・死体遺棄・詐欺。加害者40代(暴力団員)。被害者30代男性1人(未遂)、40代男性1人。

 生命保険騙取を目的として、男性を車で轢き殺そうとして重傷を負わせるが、未遂。4カ月後、別の男性を車内で絞殺し、死体を近くの草地に放置し、保険金1千万円を騙取。

 服役歴1回。

(5)強盗殺人・現住建造物等放火。加害者20代。被害者10代女性2人。

 覚醒剤の購入資金を得る為、空き巣に入ったが、予期したほど金がなかった腹いせに、犯行を隠蔽する為、灯油を撒き放火。その後、まとまった金を得ようと泥棒に入り、10代前半の娘しかいないことを確認し、無抵抗の少女2名の胸部を包丁で滅多突きにして殺害後、金品を盗み、灯油を振りかけ放火。

 服役歴は少年院1回。暴力団事務所に出入りし、正業に就いたことはなし。

 他にも、生きたまま被害者をドラム缶に入れ、灯油をかけて焼き殺した等、残虐以外の形容が見付からない事件は枚挙にいとまがありません。死刑を科される犯罪態様とは、このようなことを指します。もし、この中の被害者が自分の家族だとしたら、皆さんはどのように感じるでしょうか。こうした加害者が生きていることが「公正」と言えるでしょうか。

次ページ:遺族の苦しみは一生続く

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]