「3億円事件」発生から50年 時効直前“特捜本部”が勝負をかけた取調室

社会週刊新潮 2015年8月25日号別冊「黄金の昭和」探訪掲載/2018年12月11日再掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 この12月10日をもって、あの「3億円事件」の発生から50年が経つ。いわずと知れた昭和史に残る迷宮事件だが、捜査を主導した刑事をして「あれを犯人だと思わないやつは、刑事じゃない」と言わしめた“容疑者”がいた。週刊新潮では2015年刊行の別冊号で、極秘捜査の舞台裏に光を当てた特集を掲載している(以下は別冊『「黄金の昭和」探訪』掲載時のもの)。

 ***
...

記事全文を読む