米倉涼子「リーガルV」は「ドクターX」より長続き? キーワードはチームプレイ

エンタメ2018年10月19日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 いよいよ始まった米倉涼子(43)の新ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系)。放送前から前シリーズの「ドクターX~外科医・大門未知子~」を弁護士版にしただけ、との声もあったが、どっこいこの2つは似ているようで全然違うというのはコラムニストの林操氏。どこがどう違うのか、ご覧あれ。

 ***

 もう米倉にもオスカーにも、続ける気はない──そういう「『ドクターX』これで最後」説が流れて幾星霜、あの話もようやくホントになったのかねと思わされるのが、今シーズンテレ朝系で始まった「リーガルV」であります。

 主演が米倉涼子、企画が所属事務所のオスカー・プロモーションの社長、放送枠がテレ朝の木9という座組み・枠組みからして「V」は「X」と同じ。タイトルも「ドクターX~外科医・大門未知子~」に対して「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」で、「カタカナ4文字+アルファベット1文字+職業+氏名」という文法が共通してる。

 ゆえに、放送スタート前は「リーV」、医者が元弁護士に、医療モノが法律モノに差し替わるだけという印象が強かったんだけれど、この読み、第1話を見てみたら、半分アタりで半分ハズれでした。

 米倉涼子が超有能で自信満々、派手好みでカネ好き、口は悪いが、強い者にオモネらない正義の人で、冴えわたる専門技術で悪を叩くという基本の構図は「ドクX」そのまま。1話完結ベースながらシリーズ通しての敵役もいて、それが医療なり法律なりのギョーカイの大物だという点も同様。エリート系なのに技量じゃ米倉に劣り、いつもからんでくる同業者の男がいて、演じるのが勝村政信であるところもまた然り。

 というあたりは、大方の予想どおりだけに、「ドクX」とは違う新商品を期待してた人は落胆し、「ドクX」の続編が見たかった人は一安心するでしょう。

 だがしかし一方で「リーV」、実は「ドクX」から大きく変わったところもいくつかあって、それがなかなか味になっていたり、「ドクX」からの改善になっていたりもするから、油断できない。

次ページ:脱・米倉個人プレイに期待

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]