「長嶋茂雄」緊迫の特別病室 腎臓機能も低下、感染症で一時“危篤状態”に…

野球週刊新潮 2018年8月30日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「長嶋茂雄」緊迫の特別病室(下)

 2004年に脳梗塞で倒れた長嶋茂雄氏(82)が再入院したと報じたのは「女性セブン」だった。7月に病院に運び込まれると伝えた同誌では、胆嚢内に胆汁が石化した胆石が出来ており、肌や目が黄色くなる黄疸の症状も見られ、病状は一進一退を繰り返しているという。

 現在、ミスターは脳梗塞の時に入院した東京女子医大病院とは別の大学病院に入院している。...

記事全文を読む