中村勘三郎さんの「食道がん」治療は正しかったのか――知っておくべきステージIIIの生存率

ライフ週刊新潮 2016年12月8日号掲載

■がん難民にならないための「セカンド・オピニオン」(2)

 高度化するがん医療の一方、その選択に悩む「難民」は増え続けている。外科医で腫瘍内科医でもある大場大氏(44)が、あるべき心構えを説く。

 ***

  知っておいていただきたい数値があります。それは、全国がんセンター協議会 (全がん協) 加盟施設の生存率データです。

 2001〜03年に行なわれた胃がん手術症例のうち、進行胃がんステージIII(1429例)の5年生存率は45%と報告されています。

...

記事全文を読む