文在寅政権がまた始めた「金賢姫」いじめ 朴槿恵より金正恩を評価する韓国の異常

国際 韓国・北朝鮮 2018年8月3日掲載

  • ブックマーク

韓国で進行する“赤い革命”

 衝撃のニュースではある。だが、我々日本人にとっては理解不能な点も少なくない。大韓航空機爆破事件の遺族が、金賢姫(キム・ヒョンヒ)・元死刑囚(56)を名誉毀損容疑などで刑事告訴を行ったというのだ。「?」が脳裏に浮かんで当然だろう。

 ***

 本題に入る前に、大韓航空機爆破事件について簡単に触れておく。事件翌年の1988年に生まれた人は、今年で30歳。風化は進んでいる。

 87年11月29日、イラク・バグダット発のKAL(大韓航空)858便は韓国・ソウルに向かう途中、インド洋上空で消息を絶ち、乗客と乗員115人が行方不明となった。バラバラになった機体の一部や救命筏、乗客の手荷物や遺体が僅かに回収されたものの、機体そのものやブラックボックスなどは全く発見されなかった。

 出発地のバグダットで858便に搭乗し、最初の経由地であるUAEのアブダビで降機した乗客のうち、日本のパスポートを持つ男女が1人ずついた。男女2人はローマ行きの飛行機に乗り換えようとしていたが、日本大使館員とバーレーンの警察が阻止する。

 2人は煙草を吸うふりをしてカプセル入り薬物で自殺を図る。男は死亡するも、女は3日後に回復した。男女が所有していた日本のパスポートは偽造と判明。偽造ルートを追うと、北朝鮮工作員の関与が浮上した。

 同年12月、女の身柄は韓国へ引き渡される。当初は事件への関与を否認していたが、韓国の繁栄を目の当たりにし、北朝鮮で受けた教育が全て虚偽だったことを理解。遂に屈服した。一種の“転向”だったのかもしれない。「トランジスターラジオにセットした時限爆弾で大韓航空機を爆破した」と詳細な自供を開始した。

 北朝鮮の狙いは、1988年に開催予定だったソウルオリンピックへの妨害だった。89年に金賢姫は起訴され、90年に死刑が確定。だが当時の盧泰愚(ノ・テウ)大統領(85)は、遺族の抗議を拒否する形で特赦を決定する。

次ページ:爆破犯は全斗煥大統領!?

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]