「ゆりやん」「銀シャリ」クラスで1回5000円、吉本芸人のギャラ事情

エンタメ 芸能 2018年6月12日掲載

  • ブックマーク

藤本敏史も千秋も告白

 吉本興業のギャラが安いという話は、それこそ80年代からテレビで公然と語られてきた。特に近年は伝聞を伝えるという曖昧な内容ではなく、本人や妻といった当事者が赤裸々に真相を明かすことが増えているようだ。

 ***

 最新のトピックで言えば、6月2日に「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)に藤本敏史(47)が出演。妻である木下優樹菜(30)に給与明細を見せたところ、最初は40本の出演履歴に喜んでいたのだが、実際の給与を見せたところ「なんでこんなに仕事をしているのに、こんな額なの!?」と落胆。藤本が「これで普通やで」と弁解すると、木下が藤本をぎゅっと抱きしめてくれたという。

 逆に藤本は15年12月に出演した「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ系)では、妻の明細を見たことも語っている。そもそも予測していたので「見ないようにしていた」そうだが、ある時、ちらっと見ると案の定、強いショックを受けたという。上沼恵美子(63)が「どっこいどっこい」だと思っていたと告げると、「僕がそれぐらい稼ごうと思ったら、ルミネの劇場に800回ぐらい出なあかん」と自虐ネタにしたという一幕があった。

 吉本が9割、芸人が1割という取り分もテレビで放送されており、13年12月に放送された「コレを言わずに年が越せるか!ぶっちゃけ告白TV! カミングアウト祭! 2013」(フジテレビ系列)では千秋(46)が元夫である遠藤章造(46)の給料明細を見て「本当に吉本ってギャラの9割を取るんだと思った」と述懐し、庄司智春(42)の妻である藤本美貴(33)も「本当にそう」と頷いた。

次ページ:スギちゃんも産経新聞で暴露

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]