記者を「あんた」呼ばわりする男 麻生財務相は なぜ人を不快にさせるのか

政治2018年5月15日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

福田康夫、石原慎太郎両氏は「あなた」

 ならば有名政治家は、どんな2人称を使うのか調べてみた。すると意外にも、バリエーションが相当に豊富なことが分かった。なかなか興味深いのだ。

 トップバッターは流行語にもなった福田康夫氏(81)の「あなた」だ。2008年9月、首相退任の会見で飛びだし、首相官邸のHPに今も掲載されている。これを引用してみよう。記者の〈総理の会見が国民には他人事のように聞こえる〉との質問に、当時の福田首相は以下のように答えた。

〈他人事のようにというふうにあなたはおっしゃったけれども、私は自分自身を客観的に見ることはできるんです。あなたと違うんです〉

 麻生大臣と、少し口調に似たところがある石原慎太郎氏(85)も12年10月、東京都知事の辞任会見で「あなた」を使っている。こちらも東京都のHPで閲覧が可能だ。

〈【記者】憲法改正でなく、廃棄ということですか。
【知事】廃棄じゃない。全部変えたらいいんですよ、あなた。あなた全文読んだことある?あんなの英文翻訳じゃ70点もとれない拙劣な日本語だよ〉

 2人称の「きみ」、つまり漢字なら「君」を使った発言が残っているのは、今村雅弘・元復興相(71)だ。あまりにも有名になった「出て行きなさい」会見は、これもしっかりと復興庁のHPに残されている。

次ページ:「もう二度と来ないでください、あなたは」

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[3/7ページ]