銀座・泰明小学校のアルマーニ騒動 元父兄が本音を語る「何が問題なの?」

社会2018年2月11日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

イヤなら来るな

 だからこそ父兄は泰明ブランドの復興を願っているようなのだ。だから、「高い!高い!」と言われる標準服についても。

「報じられ方が極端ですよね。8万円とか9万円とか言われていますけど、上着があればいいわけですよ。靴下まで標準服である必要はないし、ユニクロでいいじゃないですか。上着とズボンだけなら4万円程度でしょ。子供を通わせる定期代と比べたら、大したことありませんよ」

 見えないお洒落なんて銀座には無縁――だって銀座ですもの。見せてこそのお洒落、ブランド力ざます――。

「それに公立小学校ですからね、お受験があるわけでもないんですよ。中央区内在住で空きがあれば、希望で入学できるんです。そのための学校説明会であって『来年度からの泰明小学校の方針です。それで宜しければいらしてください』と説明しているわけです。気に入らなければ、入学しなければいいだけのことです。大騒ぎするほどの問題ではないと思いますけどね」

 いらぬ心配のようである。

週刊新潮WEB取材班

前へ 1 2 3 4 次へ

[4/4ページ]