朝日放送の浦川泰幸アナ 突然の番組降板で真相を本人が初告白

エンタメ 芸能 2018年2月10日掲載

  • ブックマーク

報道番組「キャスト」から消滅!?

 しっかりテレビを見ている人なら、浦川泰幸アナウンサー(46)の名前を「知らない」という人は少数派に違いない。関西では稀なはずだし、全国でも潜在的には相当な知名度を有している。

 ***

 浦川アナは1995年、アナウンサーとして大阪の朝日放送(ABC)に入社する。最初に大きな注目を集めたのは2010年。同社の看板番組「おはよう朝日です」の5代目司会者に抜擢されたのだ。特に宮根誠司アナウンサー(54)の後任だったことも話題となった。

 そして11年に「全国の顔」となる。4月から「パネルクイズアタック25」の司会を務めた。初代の故・児玉清さん(1933〜2011)が入院した時から代役を務め、5月16日に死去してからは第2代司会者として正式就任した。

 司会は4年続いた。だが番組は40周年を機会にリニューアル。それにともない、平日夕方の報道・情報番組「キャスト」の第2代メインキャスターに就任することが決まった。司会を谷原章介(45)に譲り、いわゆる「卒業」となった。

 浦川アナの「キャスト」は15年3月からスタート。ABCを代表するアナウンサーとして認知度は高まり、「宮根の後任」というあだ名(?)もスポーツ紙などで頻繁に見られるようになっていく。ところが昨年末になって突然、「キャスト」から“消滅”してしまう。

次ページ:安倍官邸の圧力説も

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]