「シン・ゴジラ」と「君の名は。」でTBS潰しを狙う「テレ朝」の視聴率戦争

エンタメ2017年11月11日掲載

「地上波“初”放送!」

 テレビ朝日が大宣伝しているのは、昨年夏に公開され興行収入82.5億 円を記録した大ヒット映画「シン・ゴジラ」(東宝)を、11月12日放送するためである。“日本アカデミー賞7冠!超大作『シン・ゴジラ』が早くもテレビ朝日で地上波初放送決定! ”というわけだ。

 ***

 今年3月にはDVD、BDも発売され、7月にはWOWOWで放送された「シン・ゴジラ」のどこが“早くも”なのかはともかく、テレ朝は、同じく昨年に東宝が配給して興収250.3 億円ものメガヒットを記録したアニメ映画「君の名は。」も、年明けに地上波“初”放送をするというのだ。

 しかし、テレ朝の親会社テレビ朝日ホールディングスは、東宝のライバル社である東映の筆頭株主 であり、東映もまたテレ朝の大株主 という、切っても切れない関係だ。これを差し置いて、 東宝作品を放送するとはいかなることか。

「映画事業を強くしたいという希望があるようです。民放1位を続けている日テレにはジブリとの関係や『ハリー・ポッター』シリーズがあるように、ヒット映画の放送は数字が狙えますからね。それなら資本関係にある東映でやればいいわけですが、これまでテレ朝と東映が組んだ作品に大ヒットはなかったんです。『相棒―劇場版』シリーズも興収50億円を超えたものはありませんし 、『探偵はBARにいる』シリーズも10億円前後、ほかには水谷豊が主演や監督した作品はどれも目も当てられませんから。といって東宝と資本提携を望むわけにはいきません。買い付けならいいでしょ、ということなら東映にも大義名分は立つわけです。それともうひとつ重要なのが視聴率。視聴率で現在2位のテレ朝ですが、万年3位と言われてきたTBSに追いつかれつつあるんです」(他局プロデューサー)

 今年1月2日から10月29日までの民放各局の平均視聴率を見てみると――。

次ページ:追いすがるTBS

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]