米ドル獲得に血道を上げる北朝鮮の「裏ビジネス」最新事情 象牙にサイの角、偽ドル札に覚醒剤、そしてマツタケも…

韓国・北朝鮮 2017年10月13日掲載

  • ブックマーク

核・ミサイル開発の資金源が偽ドル札の可能性

 こうした「国家が運営する裏ビジネス」は、北朝鮮のお家芸だ。例えば90年代には、北朝鮮が国家的事業として偽ドル札を発行し、世界的な問題となった。専門家が「本物より精巧」と驚愕したことから、「スーパーノート」や「スーパーK」といった異名が付けられた。

 ところが近年、日本における「スーパーノート」の報道は減少傾向。米CIAの自作自演という陰謀史観めいた憶測も飛び交っている。最新事情はどうなっているのか、北朝鮮事情に詳しい宮塚コリア研究所の宮塚利雄代表に訊いた。

「まず重要なのは、北朝鮮で自国のウォンは紙屑以下だということです。貿易や密輸を通じて円やユーロ、そしてルーブルも入っているようですが、少なくとも庶民には扱いにくい。彼らは日常生活レベルなら中国の元を使いますが、やはり本命は米ドルです。自国が崩壊しても、脱北に成功したとしても、米ドルなら世界各国、問答無用で使える。元も円もユーロも、当然ながらルーブルも、ドルほどの信頼はしていないようです」

 宮塚代表は中国と北朝鮮の国境で行われる密貿易の様子を観察し、興味深いことに気付いたという。

「中国側も北朝鮮側も、取引の最初は相手のことを信頼していないので、元を使って決済するんです。ところが何度もビジネスを続けていき、『こいつとなら今後も商売ができる』と判断すると、米ドルを使うようになるんです」

 こうして北朝鮮は国家も国民も米ドルを必要としている。それは偽ドル札の発行の背景になっていると、宮塚代表は指摘する。

「北朝鮮の国民にとって、かつては朝鮮労働党員として出世していくことが最高の夢でした。それが今では米ドルを扱える人間が憧れの対象となっています。労働党員より密輸バイヤーの方が羨ましがられるわけです。国家と国民が一丸となって米ドル獲得に血道を上げているわけですが、大した輸出品があるわけではないので、必要な額を集められないことの方が多い。ならばいっそのことドルを刷ってしまえ、というのがスーパーノートの原点です。現在のように核・ミサイル開発で巨額の資金が必要な場合、偽ドル札のニーズは高まっています。北朝鮮がICBM開発に必要な資金をスーパーノートで用立てているとしても、全く不思議はないと思います」

次ページ:覚醒剤の生産大国はメキシコ、中国、そして北朝鮮?

前へ 1 2 3 4 次へ

[2/4ページ]