「今井絵理子」と「不倫市議」が越えた“人として”の一線 破綻の嘘と突然の離婚要求

政治 週刊新潮 2017年8月10日号掲載

  • ブックマーク

人として“一線を越えた”「今井絵理子」と「不倫市議」(2)

 今井絵理子・参議院議員(33)は、橋本健・神戸市議会議員(37)との略奪不倫について「一線は越えていない」と釈明し、失笑を買っている。一方の橋本氏は、“自分の婚姻関係は4~5年前から破綻している”“既に破綻している婚姻関係は自由恋愛を妨げないと認識した”との言い訳だ。

 橋本氏の妻の代理人からは、2人に宛てて「抗議文」が送られたというが、

「彼が述べている『婚姻関係の破綻』というストーリーもまったくの嘘」

 と、抗議文の中身とも重なる真相を明かすのは、橋本氏妻の知人である。

次ページ:突然の離婚の申し出

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[1/5ページ]