日本郵政の「野村不動産」買収に飛ぶ怨嗟

ビジネス週刊新潮 2017年5月25日号掲載

 日本郵政の長門正貢社長(68)が、驚きの一手に出た。豪州の物流会社「トールホールディングス」の経営悪化で約4000億円もの大損を公表したばかりだが、今度は野村証券グループの「野村不動産ホールディングス」を買収しようというのだ。果たして、この買収は反転攻勢の第一歩か、それともいつか来た道か。

 日本郵政の野村不動産HD買収が報じられたのは、5月12日のこと。全国紙の経済部デスクによれば、

「すでに、両者で買収額の最終調整段階に入っているようで、金額が折り合えば正式発表するはずです」

...

記事全文を読む