トップ2人が退任! フジテレビ棚上げ人事の吉凶

企業・業界 2017年5月10日掲載

 フジテレビが9日、役員会議で亀山千広社長の退任を決定した。2013年6月に社長の座に就任し、視聴率が低迷する局の立て直しが期待されていたが、結果が出せず4年で退任となった。今後はBSフジの社長に就任するとみられている。また1998年に社長に就任し、会長時代も含め30年に亘ってフジテレビのトップを務めた日枝会長も、代表権のない取締役相談役に退くことが分かった。トップ二人を実質的に棚上げして、人事を刷新することで、再起を狙うというところだろうか。

...

記事全文を読む