バーボンには大福が合う? 「HONZ」代表・成毛眞氏が勧める意外な組み合わせ

社会 2017年5月2日掲載

 売り上げが低迷するビールに対し、ハイボール人気もあって持ち直しているというウィスキー。国産のものは「ジャパニーズ・ウィスキー」と呼ばれて海外でも評価が上がってきており、英「ウィスキー・マガジン」誌のコンテストでは本国のスコッチよりも高い評価を得るまでになっているそうだ。

 ジャパニーズもスコッチも原材料は麦。ほかに原産国別にカナディアン、アイリッシュという種類もあり、トウモロコシをメイン材料にして作るのがアメリカンで、よく知られるのがバーボンだ。ウィスキーをソーダで割る飲み方「ハイボール」は、元々バーボンから始まったという説もある。

...

記事全文を読む