日本の貧困と格差(後篇) 「風俗でも抜け出せない『独身女性』の貧困地獄」――亀山早苗(ノンフィクション作家)

国内 社会 週刊新潮 2015年4月9日号掲載

  • ブックマーク

「女性の活躍」をめざす安倍政権下で今、独身女性の多くが貧困状態にある。晩婚化が進み、離婚率も上昇。働きつづけなければならない女性は増えているが、正社員など夢のまた夢。AVや風俗に身を投じたとしても、赤貧から抜け出せないのが現実だというのだ。

 ***

 東京のとある下町。駅から3分の場所にある女性専用シェアハウス。エリコさん(33)=仮名=はここに住んでいる。現在、スーパーと弁当屋でアルバイトをかけ持ちしているが、月収は約11万円だ。

「ここは光熱費込みで家賃4万5000円。だからなんとか暮らしていけるんですけどね」

 彼女の個室に案内された。いまどき珍しい3畳だ。座る場所にまごついていると、折りたたみマットレスの上を勧められる。小さなテーブルがひとつ。段ボールが5つほど重ねられ、小物や衣服はすべてそこにしまってある。

 地方の高校から東京の大学へ。卒業後は正社員として就職。そこまではごく普通の人生だったが、

「上司のモラハラがひどかった。今だからモラハラだとわかるけど、当時は自分がいけないんだと思い続け、ストレスから胃腸炎になって血を吐いて……。仕事は続けられなかったですね」

 3年で退職。だが実家には戻りたくなかった。子どものころ、継父から性的虐待を受けたことがあるからだ。継父は罪滅ぼしの思いからか、進学費用は出してくれたが、彼女は心の中で実家と縁を切っている。

「3カ月ほど失業保険をもらいながら療養し、元気になったので、いざ就職活動をと思って張り切ったけど、働く場所はなかった」

 数カ月で30社あまりを受けたが採用されず、派遣会社に登録。正社員への道を模索しながら仕事をしていたものの、派遣切りが社会問題になった6年ほど前、彼女も仕事を失った。

「自分は生きる価値がないのかと落ち込みました。それからは派遣会社に登録するのが怖くなって、アルバイトをかけ持ちしています。30代も半ば近くなってこのままでいいのかと、常に不安と焦りがある」

 シェアハウスには、人生を語り合える友人はいない。

「もう一度、正社員として働きたい。そのためのキャリアアップもしたいけど、今は余裕がない。マイナスのスパイラルに陥っていることはわかっています」

 役所に相談に行ったこともある。もっと努力するように言われたそうだが、

「どうやって努力すればいいのか、もうわからない」

 彼女は小さい声でそう言い、ため息をついた。

日本の貧困と格差(前篇) 「年金では生きていけない赤貧の現場」
日本の貧困と格差(中篇) 「『貧困の連鎖』から抜け出せない『子どもたち』」

 2012年の国税庁の調査によれば、女性の平均年収は268万円。一方、男性は502万円で、男女の賃金格差は驚くほど大きい。今なお、女性の労働は「家計の助け」としかとらえられていないのだろう。

 だが、現実の社会では、晩婚化、非婚化が進むとともに、離婚率も上昇。女性も働きつづけなければ生きていけなくなっている。安倍内閣は「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げている。しかし、収入が男性の半分しかなければ、女性が社会で活躍するとか、自立するとか、そんなことは不可能ではないか。

「小さな会社なので、年収は300万円に届きません。老後のためにとマンションを買ったけれど、手取り額が年々下がるので、ひたすら食費を切りつめてローンを支払っている。何のために働いているのか、わからなくなってきました」

 独身のマホさん(40)=仮名=はそう嘆くが、正社員だからまだマシだ。日本の女性は非正規雇用で働く人の割合が54%と高く、男性の2倍以上に当たる。しかも、エリコさんのように一度「正社員」の道から外れると、二度と復帰できないケースも珍しくない。

 したがって、働く世代の単身女性のほぼ5割が年収200万円以下。うち3割強の110万人は、114万円未満の貧困状態に置かれているというのだ。

 NPO法人「ほっとプラス」代表理事で、社会福祉士の藤田孝典さんは言う。

「日本の貧困率が上がった要因は、1985年に労働者派遣法ができ、それがいろいろな業種に広がっていったせいだとする説があります。それ以外にも、家族の形態が変わったり崩壊したり、会社の福利厚生が減少したりと、いろいろな要因があると思います。いずれにしても、日本人の貧困化は、明らかに10年前より進んでいて、まったく歯止めがかかっていません。特に独身の若い女性は、企業でパワハラを受け、精神疾患にかかって退社し、そこから人生が変わってしまうことが多いですね」

次ページ:AVでも稼げない

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]