日本の貧困と格差(中篇) 「『貧困の連鎖』から抜け出せない『子どもたち』」――亀山早苗(ノンフィクション作家)

社会週刊新潮 2015年4月2日号掲載

 これからの日本を担う子どもたちの6人に1人が貧困に喘いでいるという。元来、子どもの可能性は無限大のはずだが、貧しく教育への関心が低い家庭で育つと、学力も自己肯定感も低いままになる。そうして「連鎖」する貧困が今、日本の未来に暗い影を落とす。

●日本の貧困と格差(前篇) 「年金では生きていけない赤貧の現場」
●日本の貧困と格差(後篇) 「風俗でも抜け出せない『独身女性』の貧困地獄」

...

記事全文を読む