忠犬ハチ公 好物はヤキトリ、無名時代は駅員にイジメられたことも、銅像と軍国主義の関係…知られざる生身の姿

国内 社会

  • ブックマーク

 東京・渋谷駅の「忠犬ハチ公像」は有名な待ち合わせスポットだが、生前のハチ公が待っていた飼い主は永遠に帰ってこなかった。その健気な姿が注目されたハチ公は、有名犬として銅像が建つほどの大出世を遂げたが、果たして本当に忠犬だったのか? 駅のご近所さんに愛された老犬の“スター誕生”物語からは、束の間の平和を謳歌していた戦前の昭和が見えてくる。

(「新潮45」2005年7月号特集「あなたの知らない『昭和ヒトケタ』10大珍騒動・怪事件簿」掲載記事をもとに再構成しました。...

記事全文を読む

Advertisement