フィリピン国民の関心は「ルフィ」ではなく「美人実業家」射殺事件 背景にエリート軍人との秘密の関係

国際

  • ブックマーク

Advertisement

 日本では現在、「ルフィ」が指示役をつとめた連続強盗事件の滞在先としてフィリピンが注目を集めている。だが、目下フィリピン国民が関心をよせるのは、この「モデル兼実業家の殺人事件」だ。【大塚智彦/フリーランスライター】

 地元マスコミが事件を連日のように大きく取り上げる理由は主に3つある。被害者のイヴォネット・チュア・プラザさん(38)が「美人」であるという通俗的な関心に加え、監視カメラに捉えられていた犯行の様子が、2人の男による至近距離からの射殺という生々しいものであること。そして最大の理由が、事件の黒幕に現役陸軍准将というフィリピン軍の高級幹部が浮上しているからである。

自宅前で至近距離から射殺

 事件が起きたのは年末も押しせまった2022年12月29日のことだった。現場はフィリピン南部ミンダナオ島ダバオ・デル・スル州のダバオ市グリーンメドウ地区キンボウ・ゲストリートのビューロック18番にあるイヴォネットさんの自宅である。午後7時半ごろ、自家用車の三菱モンテロ・スポーツで帰宅し自宅に入ろうとしていた彼女に、正体不明の男2人が乗ったオートバイが近づいた。そして後部座席の男がバイクを降り、イヴォネットさんに向けて数10センチの至近距離から発砲したのだ。

 イヴォネットさんはその場で即死し、男2人はバイクで逃走した。

 一連の犯行の様子は。現場近くにあったCCTV(監視カメラ)に記録されており、フィリピンのテレビや新聞はその静止画像を一斉に報道した。血痕が残る地面や、横たわるイヴォネットさんの遺体もモザイクがかけられた状態でメディアで広く流された。

モデル兼実業家として活躍

 モデルとして活躍していたイヴォネットさんは、製薬ビジネスに携わる実業家としての顔も持ち、地元ダバオでは有名人だったという。

 事件当初は、仕事関係のトラブルに巻き込まれたのではないかとの見方や、モデルとしての活躍に恨みを抱く者の犯行、あるいは事件当日にイヴォネットさんの車と2人組が乗ったバイクとの間でなんらかの交通トラブルがあり巻き込まれたのではともいわれていた。

 が、それは瞬く間に否定されることになった。

 決め手はイヴォネットさんのFacebookにアップされていた複数の写真だった。

次ページ:殴られた跡が痛々しい写真

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]