台湾有事が引き起こす第2次朝鮮戦争 米日の助けなしで韓国軍は国を守れるのか

  • ブックマーク

「一人で戦え」が米国の本音

――韓国人には「嫌われている」との自覚はあるのでしょうか。

鈴置:楊相勲主筆にはあるようです。彼の記事には「有事の際に日本が韓国を助けるだろうか」と韓国人に問いかけるくだりがあります。

・中国の台湾侵攻ウォー・ゲームで最も革新的な変数は日本である。日本が米国とともに戦争に全面的に介入すれば、最高に楽観的なシナリオが描かれる。
・しかし、日本が自国内の米軍基地を中国との戦争に使えないようにしたり、その基地が中国の空襲を受けても自衛隊が中立を守れば、米国は相当に苦戦する。
・朝鮮半島有事には日本内の米軍基地も同じ役割を遂行することが求められる。もし、日本が自国の安全のために米国の基地使用を断れば、深刻な状況に陥る。

 中国が在日米軍基地を攻撃すれば、そこは日本ですから当然、自衛隊が守ります。米国の基地使用を断る可能性も低い。台湾防衛は日本にとっても必要だからです。韓国が夢想する「米中戦争での中立」という選択を日本がとることはまずないのです。

 では、半島有事の際に日本が在日米軍基地の使用を認めるか――。形式的には事前協議の対象ですが、これまでは事実上の自動承認事項と考えられてきました。

 しかし、それは朝鮮有事が単独で起きた時の話。台湾と半島の有事が同時に起きた際は分からない。そもそも、米国が半島有事に介入しない可能性が高いのです。日本のある専門家は以下のように解説しました。

・台湾有事の際に米国は韓国に対し、台湾への支援までは求めない。しかし、付随して起きる半島有事は単独で対処せよ、と通告するだろう。これが米軍の本音だ。

日本を騙すのに忙しい外交部

――韓国は厳しい状況に追い込まれますね。

鈴置:ただ、楊相勲主筆のように厳しい現実認識を持つ韓国人は多くない。典型的なのが外交部です。「徴用工」問題ではまだ、日本政府に謝罪させようとか、日本企業にカネを出させようとか、どさくさにまぎれて「日本の植民地支配は違法だった」と認めさせようと小細工を弄しています。

 日本政府も「植民地支配を痛切に反省する」村山談話の継承を表明して応える方向と1月29日に日本経済新聞が報じました。が、これには日本の保守層から早くも反対の声が上がっています。安倍晋三・元首相の打ち立てた「もう二度と韓国には謝らない」とのドクトリンを打ち砕くからです。

 韓国紙はしきりに「日本政府が徴用工らの求償権の放棄を求めているが、これには韓国政府が難色を示している」と書きます。これも罠です。韓国側に求償権を放棄させるということは、とどのつまり、日本側に一時は債務が存在したことを日本政府が認めたことになるのです。

 そうなれば、韓国側が「日本は植民地支配の違法性を認めた」と言い出すのは確実です。争点となっている2018年10月と11月の韓国・最高裁判決は「違法な植民地支配の下で働かされた韓国人に対し、日本企業は賠償責任がある」と断じたのですから。日本政府は「求償権を放棄させた」と国民の前で勝利宣言するつもりかもしれませんが、実は墓穴を掘るだけなのです。

 韓国政府は外相時代の岸田文雄氏を2度も騙した実績があります。岸田政権が発足した瞬間、韓国紙は「チャンス到来」と張り切りました(「尹錫悦はなぜ『キシダ・フミオ』を舐めるのか 『宏池会なら騙せる』と小躍りする中韓」参照)。

 しかし、「キシダ」は騙せても日本の世論は誤魔化せません。それどころか、こんな猿芝居を演じ続ければ、日本人をますます怒らせてしまいます。

 韓国の外交部は狡猾な外交ゲームを展開しているつもりでしょうが、朝鮮半島有事を考えると、国を亡国の道に追い込んでいるとしか思えません。

次ページ:核武装に動く韓国軍

前へ 1 2 3 4 次へ

[3/4ページ]