「ジャイアンツは身なりに厳しい」オコエ瑠偉が「反社宴会」で“グチ” 「食と住は“タニマチ”に」発言も

スポーツ 野球

  • ブックマーク

 3年ぶりのV奪還を目指す「球界の盟主」巨人が新春早々、衝撃に見舞われている。昨年末に「現役ドラフト」で獲得したオコエ瑠偉外野手(25)が、あろうことか“反社”が催す宴会に出席。その現場では“傷害事件”も起きていたというのだからただ事ではない。

 ***

 昨年から球界に導入された「現役ドラフト」は、おもに出場機会に恵まれない中堅選手を救済する制度である。

「オコエは関東一高時代、俊足強肩で甲子園を沸かせ、2015年のドラフト外れ1位で楽天に入団しました。が、7年間の在籍中、度重なるケガもあって結局レギュラーに定着することなく、20年などは1軍出場がゼロに終わっています」

 とは、スポーツ紙記者。同シーズン終了時には石井一久監督から、

〈考えがまだ甘い。そろそろ出てこないと彼の野球人生が苦しくなる〉

 そう苦言を呈されている。

「昨季も1軍出場はわずか6試合。いよいよ崖っぷちに立たされたところで巨人が手を差し伸べた格好で、12月14日、無精ひげをそって臨んだ入団会見では『後がないという気持ちで頑張りたい』などと抱負を述べていました」(同)

 とはいえ、私生活までは心機一転とはいかなかったようで、年末には以下の“事案”が発生していたのである──。

住吉会系の三次団体

 まずは、思わぬ形でオコエと遭遇した結果、本件に巻き込まれてしまった都内の男性自営業者(40)の話を聴こう。

「12月17日の20時ごろ、私は友人に誘われて東京・月島にあるもんじゃ焼き店を訪れました。古い知り合いである先輩が催す忘年会に参加するためです。かれこれ20年ほど前、私は建築会社で働いており、その頃、同じ現場で知り合ったのが、鳶(とび)の仕事に就いていた5歳年上の先輩でした」

 この“先輩”を、仮に田中氏とすると、

「当時から田中さんは面倒見がよく、飲みにも連れて行ってくれました。その後は私も転職するなどし、以降は数年に1度、一緒に飲んだり遊んだりという関係が続いていました。その間、私の友人が田中さんと親しくしており、彼を介していつも誘ってくれていたのです」

 それでも、

「友人からは、田中さんは鳶を辞めたのち、アウトローの人たちとの交流もあり、現在は住吉会系の三次団体に籍を置いていると聞かされていました」

 そうした“転身”を裏付けるかのように、15年に都内で起きた恐喝事件では、暴力団関係者とともに田中氏(当時の肩書は「無職」)も共犯で逮捕されており、また十数年前に刊行されたアウトロー関連の雑誌には、10代の頃に新宿を拠点に「チーム」を結成した田中氏のインタビューが掲載されている。もっとも、この自営業者は、

「友人から『年末に田中さんが飲み会をするから来ないか』と誘われ、しばらく田中さんに会っていないこともあって参加したのです」

 というのだ。

次ページ:「GIANTSのつづりが分からねえ」

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]