水原希子も絶賛 老舗ラブホの名物「回転ベッド」を、女性カメラマンが自宅で“保存”する深い理由

エンタメ

  • ブックマーク

 数年前から続いている「昭和ブーム」で、その“極北”と言ってもいい趣味が生まれていた。それが「昭和ラブホ巡り」。昭和時代の独特な内装を維持しているラブホテルを探し、一人または同志と足を運んでは写真を撮ってSNSにアップ。お気に入りを集めて自費で写真集を作成する人もいる。目的はあくまで一種のアートとして内装を愛でること。撮影が終わるとそのまま帰る人さえいる。SNSを見るとハマっているのはほとんどが女性だ。その中になんと、閉業したホテルから「回転ベッド」をサルベージし、自宅に設置した女性が現れた! 昭和ラブホを撮影・記録しているカメラマンの那部亜弓さんだ。建物とともに壊される運命だった回転ベッドを救った理由について、本人に尋ねてみた。【華川富士也/ライター】

水原希子が撮影した回転ベッド

 2021年11月。東京・巣鴨にあった老舗ホテル「シャトーすがも」の解体が始まった。JRと都営三田線の巣鴨駅から目と鼻の先という好立地にあり、ゴージャスな内装がカップルのみならず写真家などのクリエイターまで引き寄せていた。しかし、コロナ禍のため同年3月で閉業。昭和時代から約50年続く歴史にピリオドを打った。

 解体を前に、シャトーすがもから円形の大きなパーツが運び出されていった。303号室にあった回転ベッドだ。そう、スイッチを入れるとくるくる回り出す、昭和ラブホを代表するアイテムのひとつが密かに救い出されていた。

 シャトーすがもの303号室は、壁から天井までみっちり作り込まれた内装と鏡付きの回転ベッドで知られ、昭和ラブホファンの間でも大人気だった。休業前には、モデルの水原希子とタレントのkemioがamazonプライムの番組撮影で訪れ、まさにその303号室を見学し、絶賛していた。

 水原は自ら回転ベッドのスイッチを入れて回し、さらに天井の照明を点けると「ちょーかわいい!」と大喜び。鏡張りの壁を見て「でもいいよ、それ。好き!」とすっかりこの部屋が気に入った様子だった。

 さらに水原は素足でベッドの上に立って次々とポーズを決め、kemioに撮影させる一幕も。映える天井と壁とベッドに囲まれた自身の写真を見て、「やば~い、めっちゃいいね」とすっかりご機嫌。撮影中に間もなく閉業することを聞くと「え~、つらみ~」「悲しいね」と表情を曇らせたのだった。

 そう、水原も気に入り、上に乗って写真撮影しまくった303号室の回転ベッド。その実物が、解体を免れて運び出されたのだ。行き先は千葉県にある那部亜弓さんの家だった。

次ページ:「昭和ラブホ」にハマった深すぎる理由

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]