「小室圭さん」合格で浮上するヤバい懸案 眞子さんとの「隙間風」、勤務先の政治的スタンスも

国内 社会

  • ブックマーク

インフレで生活苦は続く

 小室圭さんが米国ニューヨーク州の司法試験に合格した。平均合格率66%の試験とはいえ、小室さんにとっては「3度目の正直」となる待望の吉報である。秋篠宮両殿下も「お喜びのご様子である」(加地隆治皇嗣職大夫)とされ、西村泰彦宮内庁長官も「個人的には大変良かったと思う」と述べるなど、皇室関係者は胸をなでおろしている様子だ。しかし、そんなホッと一息も束の間、弁護士になることでこれまで見えなかった懸念やトラブルが顕在化する可能性があるのもまた事実。そしてそれは、これまで以上にハードルが高そうにも見える。...

記事全文を読む

Advertisement

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。