「アレフから娘を取り戻したかった」と元妻を惨殺した男 子どもたちが法廷で明かした“父親の真実”とは

国内 社会

  • ブックマーク

 山上徹也容疑者(41)による安倍晋三元首相銃撃事件の波紋は、いまだ収まる気配を見せない。そして、彼の母親が旧統一教会に億単位の献金を行い、一家が経済的困窮に陥ったことが報じられて以降、一部の新興宗教と“信者の家族”の問題が大きくクローズアップされている。以下に取り上げる事件も、同様の“闇”を抱えていたことは間違いない。その“男”は、宗教団体の呪縛から家族を救い出そうとして事件を起こしたと主張する。だが、のちに開かれた裁判員裁判で明らかになったのは、男の家族が宗教を頼った原因が、他ならぬ彼自身の過去の行いにあったという事実だった。公判を傍聴したノンフィクションライター・高橋ユキ氏が事件の真相を振り返る。

 ***

「娘を返せ!!」

 2010年11月下旬の早朝、埼玉県八潮市のショッピングセンター駐輪場に、男の怒声が鳴り響いた。現場に居合わせた通勤途中の女性が目にしたのは、声の主である男が、中年女性を執拗に刺し続ける凄惨な光景だった。目撃者の110番通報を受けて駆けつけた警察官は、まもなく刃渡り20センチの柳刃包丁を持った男を発見。男が女性を刺したことを認めたため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。女性は出血性ショックで約1時間後に死亡している。犯人と被害者は“元夫婦”だった。

 逮捕された西村三郎(当時70)は、犯行時と同じく、取調べでも「娘を取り戻すためにやった」と供述している。実は、元妻のAさん(当時63)は子どもたちと共に、オウム真理教の後継団体・アレフに入信しており、居住地も同団体の関連施設にあった。西村は信者となった長女と次女を脱会させるため、住んでいた福岡県から上京し、事件を起こす数日前から関連施設を監視していたという。「元妻が信者になり、家族がバラバラになった。(元妻が)死ねば、子どもたちが目を覚ましてくれると思った」。西村は取調べでこうも述べている。元妻を殺すことで、娘たちが宗教の呪縛から解放され、自分のところに戻ってくると考えて凶行に及んだわけだ。

弁護人「いま、かつての奥さんに思うことはありますか?」
西村「……複雑な思いですけど、5人の子をもうけた仲ですから、いま思いますに、宗教さえやめてくれたら……幸せな老後を送れたと思います」

次ページ:「オウム真理教を刺してるんだ」

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]