統一教会に5億4700万円奪われた女性の人生 「縄文時代の祖先」まで持ち出す強引な論理とは

国内 社会

  • ブックマーク

 安倍晋三元首相の銃殺事件の影響で、久しぶりにニュース番組の主役に躍り出た統一教会(現:世界平和統一家庭連合)。報道を受けて、教団側は記者会見を開き、声明を発表している。その中で彼らが強調しているのが「2009年のコンプライアンス宣言」の存在だ。

 たしかに献金をめぐるトラブルが多発していた時期はあった、しかしコンプライアンス宣言以降、そうしたトラブルは「ごくわずか」だ、というのが彼らの主張である。

 その主張自体がどこまで本当なのかはさておき、こうした宣言をせざるを得なくなったのは、霊感商法が社会問題化し、さらに民事訴訟で教団側に賠償が命じられる判決が下されたことが背景にある。

 2008年2月には、都内在住の70歳になる女性Bさんが統一教会と信者に計5億4700万円の損害賠償を求めた訴訟において、最高裁がBさんの上告を退けるという決定を下した。このように書くと、統一教会が勝利したように思われるかもしれないが、実は東京高裁において、Bさんの請求額のうち2億7620万円は「違法な献金集めの結果被った損害」だと認められている。最高裁もその判決をそのまま追認したのである。

 この決定は当時、「統一教会に2億8000万円の賠償命令確定 個人で過去最高」と新聞等でも報じられた。

 被害者からすれば半分しか取り戻せなかったわけだが、それでもその違法性が認められた意義は大きかったといえるだろう。

 ここでご紹介するのは、Bさんがどのように教団に誘われ、億単位の金を献金するに至ったかの詳細な記録だ。2007年、宗教学者の櫻井義秀氏はBさんの弁護団の求めに応じて意見書を東京高裁に提出した。これ以上被害者を出さないために、という考えがあったからだ。

 それにしても、一体どういう理屈をつければ億単位の金を求めることができるのか。そこには「縄文時代」にまで遡って怨みを解かねばならない、といった無茶苦茶な教えがあったのだ。しかも韓国人の献金額と日本人とには大きな差もつけられていた。

 以下、櫻井氏の著書『霊と金―スピリチュアル・ビジネスの構造―』からBさんがどのようにして統一教会と出会い、大金をだまし取られていったかを見てみよう(引用はすべて同書第2章「統一教会と霊感商法」より)

 ***

統一教会との出会い

 Bさんは1938年関東地方に生まれ、1961年に東京近郊の農家に嫁ぎ、3人の子供に恵まれた。しゅうとめは1969年、しゅうとは1975年に、それぞれ50代、60代で亡くなる。夫は42歳の時に脳溢血で半身不随となり、1990年に51歳でがんを患い亡くなった。

 都市近郊農村では、市街地が拡大するなかで農地が宅地や商業地に造成された。Bさんの家でも先代の時に農地の一部が都に買い上げられ、夫は数億円の遺産を相続したが、Bさんは夫の死後も農業と子育てに多忙な毎日だった。

 Bさんが見知らぬ若い女性(統一教会員)の訪問を受けたのは、1991年であった。たまたま家にいた彼女は、「手相や姓名判断に興味はないか」という話を訝(いぶか)しく思いながらも、畑仕事をするにはあいにくの天気だったので、2時間ほどの間運勢をみてもらい、問われるままにふだん気にしていたこの家の人たちがどんどん若くして亡くなっていることなどを話した。そうするとこの女性から手相・姓名判断を勉強するところで先生にみてもらうことを強く勧められ、駅前のマンションの一室に連れて行かれた。

「預金はいくらあるのか」

 そこでビデオ(家系や先祖の因縁の話)を視聴した後に、先生と呼ばれる女性から、「B家の家系は衰退しつつある。長男に男の子が生まれたのは奇跡に近い」と言われ、さらにB家が3代の間に寿命をほぼ10年ずつ縮めていることなども指摘された。先生がここに通って勉強するよう勧めるので、Bさんは自分を連れてきた女性に「ここは宗教ではないか」と確認した。しかし、違うということだったので不安ではあったが、家系の因縁も気になるので少しだけ通ってみることにした。

 1カ月後、先生は「財には因縁が付いているから聖塩で清めなければならない、預金はいくらあるか」と尋ねた。1千万円くらいはあると答えたところ、別の勉強する場所を紹介された。そこの鑑定士の先生いわく、「家系衰退の原因は、B家の多くの財産に問題がある。人の恨みがあるかもしれない。先祖の徳がある間は守られているが、それがなくなってきたので、あなたが穴埋めのために徳を積まなければならない」

 この後、先生はBさんに1千万円の借用を申し込み、応じてもらえるまで何度も財の因縁の話を繰り返した。Bさんは根負けして貸すことにした。3カ月後に、ここが統一教会であることを明かされたが、Bさんは「先祖の因縁という話に取り込まれていたので反発することもできなくなっていた」という。1千万円の借用に関しては、年内に400万円が返されたが、「B家の財の因縁を解くためには600万円を献金にして天に捧げてほしい、そうしないと息子と孫にどんな災難がふりかかるか分からない」と言われ、不安におそわれ献金を承知した。これ以降、Bさんは統一教会に対して、2003年までに40回近くの献金を繰り返すことになる。

家系の不思議

 先祖の因縁の説明は、先生が献金の時だけ話したわけではない。Bさんは統一教会信徒が運営するビデオセンターで何種類もの家系の因縁に関するビデオを視聴した。私たちは、目の前で話されることよりも、新聞や雑誌で活字として読んだものや、テレビなど映像で見たものに影響されやすい。家系図や因縁を説明する講師は画面から語りかけることでより専門家らしくなる。統一教会が教育用に用いた「家系の不思議」というビデオでは、次のような内容が語られた。

(1)善因善果悪因悪果の応報的宿命観――不幸には先祖の因縁があるとされ、因縁転換の方法へと話が進む。

(2)縦横の法則――先祖の因縁(縦の原因)は兄弟姉妹(横の結果)にまで及ぶ。

(3)悪因縁の形成原因――五つあるとされ、1・離婚、再婚、2・庶子、3・同棲、4・初婚男性と連れ子のまま再婚、5・別居である。

先祖の色情

(1)に関して、統一教会信徒が強調するのは「先祖の色情因縁」である。Bさんの何代も前の先祖は身持ちが悪く、女性を泣かせたという。その因縁が子孫に出ると言われた。霊能の鑑定だから何でも分かるそうだ。

(2)に関連しては、B家では、夫の弟3人がそれぞれ、4歳、2歳、0歳で亡くなっている。2人の妹も3歳で亡くなっている。確かに、5人も兄弟姉妹が相次いで亡くなるということはまれである。ただし、亡くなった年は、昭和16年が1人、昭和19年が4人である。ついでにいえば、夫の叔母もこの間に相次いで亡くなっている。太平洋戦争の末期、栄養状態が極度に悪く、大空襲にも見舞われた東京であれば、多くの人が難儀な生活をおくっていたであろう。

 しかし、亡くなった事実のみ指摘されてBさんは納得してしまった。「私としては子や孫の命のことを言われると、心配だっただけに本気で何とかしないといけないと思い、言われるとおりにするしかなかったのです」とまで思い詰めるに至ったのである。

(3)についても補足しておこう。戦前の家制度が支配的な時代では、子供がないことを理由にした離縁や婚外子を持つことが認められていた。庶民は離婚・再婚も比較的自由に行っていたのである。それが悪因縁になると言われる。現代のように離婚率が上昇し、同棲も目くじら立てるほどのこともない時代となれば、親類縁者をたどればどこかに悪因縁があることになる。誰もが該当する恐ろしい因縁の説明ではないか。ちなみに、再臨主である文鮮明ですら離婚・再婚を経験し、婚外子の話もある。誰がこの悪因縁を清算するかは謎である。

清平の修練会

 統一教会信徒になると霊界は、現実世界同様リアルなものとなる。先祖を弔い祭るようにこの世からあの世に働きかけることもあれば、あの世から先祖や諸霊がこの世の私たちに働きかけることも多いという。こうした教えは本で読んだり、説教を聞いたりするだけでは身に付かない。実際に霊界を体験することが大事である。それを説明しよう。

 Bさんは、1994年から2003年までの間に計17回渡韓し、統一教会の研修施設である天宙清平修練苑には13回、その他各種修練会にも参加している。

 天宙清平修練苑とは風光明媚な山峡である京畿道加平郡の張洛山に位置する統一教(韓国では統一教で通っている)「清平聖地」に立つ修練会施設である。ここには、文鮮明を記念・顕彰する「天正宮」があり、2006年文鮮明が天宙の王に即位する戴冠式と入宮式が行われた。大修練会が開催される天城旺臨宮殿は、地下2階、地上3階、約5700坪の建物であり、一度に8千人を収容する大聖殿と1600人が食事できる大型食堂があるとされる。

 ここでは、統一教会信徒向けの40日間修練会や、短期の各種修練会が行われるが、Bさんが参加した「先祖解怨式」と「役事」についてのみ解説しよう。

 統一教会の教えによれば、人間は死後「霊人体」となって霊界に行く。原罪をもったままの霊人体となった祖先は地獄で永遠の苦しみを受けているのであるが、地上の子孫の善行により、功徳が祖先に転送され、祖先は安らぐのだという。ところが、このことを知らずに功徳を送らなかった人は死後、霊界で祖先の霊たちに責められる(讒訴される)。

 この教えの前半部分は、祖先崇拝と混淆した東アジアの仏教や東南アジアの上座仏教にも見られる先祖供養の観念である。しかし、後半部分は統一教会独自の論理である。

縄文時代の分まで献金せよ

 文鮮明は1999年より、「新しい成約時代に天国に入籍するためには必ず自分から7代前までの先祖からはじめ、最終的には120代まで解怨しなければならない」と語っている。

 解怨とは怨みを解くという意味であり、韓国文化には恨プリ(プリは解くの意味)といって遺恨を晴らすことを思想や民俗文化、あるいは政治行動の動機付けにも用いることがある。しかし、日帝支配や韓国の独裁政権下で憤死した人々や、それゆえの貧困や不遇の生活を送った人々の怨み(恨み)は当然として、なぜ、日本人を含めて人類全てが恨プリをしなければいけないのか。不平不満を託つことなく静かな人生を送った、多くの先祖がいたのではないか。 

 このように考えれば常識人であるが、統一教会の意図は恨プリの擬態による資金稼ぎにある。ただで解怨(恨プリ)はできないのだ。1家族につき、父方・母方のそれぞれのさらに父方・母方、計4家系の先祖解怨が必要とされるが、それには1家系につき日本では70万円、計280万円、韓国では1家系につき5万ウォン程度の献金を要求される。

 統一教会において韓国人は霊位が高いので数千円の献金でも許される。遡ること8代目以上の先祖についても7代ごとに解怨するのであるが、献金額は日本の場合、3万円に増額される。理論上、120代目までの解怨を行うと、初回を含めれば計17回が必要になる。その場合、初回に280万円、4家系で12万円を17回で204万円の費用がかかることになる。

 文鮮明が言うように120代まで遡るとなると、1世代30年として3600年前まで遡ることになり、日本は縄文末期に相当する時代である。日韓両民族は半島を往来し、血縁をともにしていた可能性すらある。そこまで行き着かなくとも、同じ日本人同士、先祖がどこかで交わり、ダブって献金されることもあろう。しかし、その可能性故に統一教会信徒たちに払い戻しがあったという話は聞かない。

 2006年の第761次特別修練会では、大母様(文鮮明の母)が「真の父母様(文鮮明)が先祖解怨式を210代までしなさいと言いました。“家族”たちが210代まで行うと、211代以降は霊界の真の子女様を中心とした絶対神霊たちがアダムとエバまで神様の血統につながれるように準備しておいてくれます」と霊界からメッセージを寄せたらしい。210代は6300年に相当する。なるほど、私たちはこのようにして人類の始祖、アダムとエバにたどりつけるわけだ。

 さて、解怨を受けた先祖は、霊界にある興進(フンジン)様の修練所に行き、100日間の修練を受けるという。興進は文鮮明の長男で事故死した。その後、天総官という霊界総司令官になったといわれる。先祖解怨献金を納めない信者の先祖は「興進様の修練所」に行くことを待ちわびている。だから、信徒は清平に行って献金しなければならないのだ。

日本の悪霊は他国の悪霊よりも恐ろしい

 Bさんは自分から7代前までの4家系の先祖解怨に280万円を納め、それ以後も清平を来訪するたびに献金を行っていた。そこで幾度となく役事と呼ばれる儀式に参加した。

 役事とは統一教会の専門用語であり、天使の助けをかりて体内から悪霊を追い出すという意味で最も一般的に使われている。しかし、より抽象的には、天界(霊界)と地上(現実世界)の間に交流を起こそうという儀礼である。清平においては、金孝南(キムヒョウナム)という霊能者に大母様が再臨し、霊界のメッセージを伝え、先祖の霊を救い出すのは清平の役事しかないことを強調する。

 Bさんが記憶している金孝南の典型的な語り口は次のようなものである。

「日本人は、かつて、韓国を侵略し、植民地にした。従軍慰安婦や強制連行で、韓国の人々、特に女性たちにたくさんの苦しみを与えた。その従軍慰安婦や強制連行された女性の霊が日本人女性に乗りうつっている。だから、日本にいる悪霊は、他の国の悪霊よりも恐ろしい」

 このようなメッセージの後に、金孝南は講堂に参集した数千の信者に対して、聖歌を歌いながら体中を叩き、体の中に入り込んでいる悪霊を追い出すよう命じる。すし詰め状態で座っている前の人の背中をそれぞれ力いっぱい叩く。Bさんも、「本気で叩かないと悪霊は出ていかない」と言われたために、前の人の背や肩を力いっぱい叩き続け、自身も後の人から叩かれた。壇上には興奮した(霊につかれた)若手の信者が上って踊り出したり、精神的に不安定な人が泣き叫んだりと、まさに悪霊が飛び交ってでもいるような情景が現出する。よく従軍慰安婦の霊が女性信者についたという。その場合は金孝南が除霊した。

 およそ3時間続く役事の合間に、信者たちは文鮮明の説教を聞く僥倖(ぎょうこう)を得ることもあった。文鮮明は日本語で語りかける部分もあるのだが、途中休憩を入れながら、夜中の2時3時まで数時間にわたって語り続け、信者のもうろうとした意識の中に霊界話が焼き付けられていく。

 ***

 Bさんのストーリーは、統一教会が多様なテクニックを駆使して信者をだましていった様をわかりやすく示しているといえるだろう。

 それにしても縄文時代まで持ち出して献金を求める姿勢にどこかで疑問を持たなかったのか。そしてなぜ献金額は5億円超にまで膨れ上がったのか。

 Bさんのその後の人生については次回、触れることとしよう。

※引用はすべて『霊と金―スピリチュアル・ビジネスの構造―』より

デイリー新潮編集部